パイプの使い方:Fusion360

Fusion360のパイプ

Fusion360の「パイプ」はその名の通り、パイプ的な形状を作るコマンドです。

まず、下地となるスケッチを描きます。
次に、作成から「パイプ」を選び、スケッチをパスに指定します。

Fusion360のパイプの下地になるパス

パイプの下地になるパス

あとは、断面サイズを選べばパイプ的な形状の完成です。

基本的には、シンプルなパイプを作る機能ですが
入力パネルの項目を選ぶことで
以下のような形状を作ることもできます。

穴の空いたパイプ

穴の空いたパイプ

四角いパイプ

四角いパイプ

 

<パイプの入力項目>

パス:パイプの下地になるスケッチなどを指定
チェーン選択:連続したパスを自動的に選択できる
操作:ブーリアン演算を指定
断面:パイプの形状を指定
断面サイズ:パイプの太さを指定
断面の厚さ:パイプに開ける穴の厚さ
空洞:パイプに穴をあける

 

Fusion360のパイプでパイプ椅子を作る

パイプで作ったパイプ椅子

パイプで作ったパイプ椅子

 

Fusion360の「パイプ」と、3Dスケッチとスイープを組み合わせて、パイプ椅子を作ってみました。

 

パイプの元になる3Dスケッチを書く

まずは、普通にスケッチを描きます。Fusion360の3Dスケッチでは、この時、細かめに刻むのがポイントです。

まずは、ちょっと細かめにスケッチを描きます。

まずは、ちょっと細かめにスケッチを描きます。

 

細かめに描いたスケッチを、「修正>移動」で3D的に動かします。

移動コマンドで、スケッチの一部を動かす

移動コマンドで、スケッチの一部を動かす

3次元的に、スケッチを変形させる

3次元的に、スケッチを変形させる

パイプ椅子のもとになるスケッチが出来ました

 

Fusion360だと、スケッチは普通は2次元で書きますが、

3次元的なスケッチを使うと
ちょっと難しい形状でも簡単に作ることができます。

パイプ椅子のもとになるスケッチが出来ました

パイプ椅子のもとになるスケッチが出来ました

 

できた3次元スケッチに「パイプ」を適用します。

あとは、「作成>ミラー」で反対側も作れば、あっさりパイプ椅子の元ができます。

スケッチにパイプを適用する

スケッチにパイプを適用する

 

Fusion360でパイプ椅子の座面を作る

パイプで使ったスケッチを投影して、座面の元になるスケッチを作る

パイプで使ったスケッチを投影して、座面の元になるスケッチを作る

 

パイプを作るときに使ったスケッチを、Fusion360の投影機能で座面の元になるスケッチを作ります。

ただ、このスケッチを押し出しただけだと、パイプに座面が固定できません。

パイプに巻くつくような形状を作りたいところです。

押し出しただけだと、パイプに固定できない

押し出しただけだと、パイプに固定できない

スイープで座面を巻きつける

スイープで座面を巻きつける

スイープで、下の方に伸ばす

スイープで、下の方に伸ばす

座面をパイプに巻きつけるには、Fusion360の「スイープ」を使います。

「作成>スイープ」は、プロファイル面をスケッチに沿わせるコマンドです。

まず、座面の平らな部分をスイープさせます。

さらに、局面の部分は、平らな部分で作ったスイープを利用して、下に伸ばしてカバーします。

パイプの元のスケッチとスイープで、背面を作る

座面ができたので、こんどは座面をスイープさせて、背面を作ります。

背面を途中でカットすることで、座面と背面の間を空けると

よりパイプ椅子ぽくなります。

ボディのカットは「修正>ボディを分割」で行います。

背面と座面の間を、カットする

背面と座面の間を、カットする

ミラーで反対側も作る

ミラーで反対側も作る

ミラーで反対側も作って、パイプ椅子ができました。

Fusion360のレンダリング機能を使うと、リアルなパイプ椅子になりました。

Fusion360で作ったパイプ椅子

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:4月29日・30日 OR 5月6日・7日
 ・時間:13時〜17時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ