HOME >>  3DCAD > フリーで使える無料3Dソフトをご紹介

フリーで使える無料3Dソフトをご紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
Makers Loveをフォローして最新情報を受け取る

2Dデザイナーのための3D講座
2Dデザイナーが、イラレデータを元にいろいろな3Dデータを作れる。
高機能な3DCADソフト「Fusion360」を学ぼう!

2Dデザイナーのための3DCAD入門

工業製品にはCAD、フィギアは3DCGか?

3Dソフトには「3D CAD」「3D CG」の2種類があります。「3D CAD」は主に工業製品の設計などに用いられているもの。
寸法が正確に数字で定義されるので、例えば、1ミリ以下の精度でも正確に数字を出せないと、iPhoneのケースなどを作ってもちゃんとはまらなくなると思うとイメージがしやすいかな。

逆に有機的な形を作るのに向いてるのは「3D CG」です。データの形式としてはポリゴンを使ったものがよく使われています。

ポリゴンは三角形のパッチの集合体なので、3D CADと比べて形状を数学的に正確に出す事は出来ません。しかし、キャラクターのフィギアのように数字て定義することが元々むずかしいものなど作成には向いています。

というわけで、

「3D CAD」「3D CG」でそれぞれ、フリーで使えるソフトと一部有料のものもご紹介します。

 

3D CADソフト

プロ向けのものは100万〜1000万円以上のソフトがある分野ですが、個人でも気軽に扱えるレベルのモノをご紹介します。

 

Autodesk 123D Design:とりあえず、自分でも何か作ってみたい!人に向いている。

CAD初心者でもかなり扱いやすいフリーの3Dソフト。あまり迷わずに何かは作れるぐらいシンプルに作られたUIに特徴があります。

初めたばかりの人でも、基本形状(プリミティブ)を使ってモノ作りが出来る。しかし、その分オリジナルで形状を作る機能は少ない。本格的な設計よりも「とりあえず自分でも何か作ってみたい!」という人に向いてるみたいですね。

英語版しかありませんが、直感的な操作なので利用者の方いわく日本人にも使えるそうです。

autodesk 123d

■Autodesk 123D Design

・無料
・win版 mac版
・英語版のみ
ダウンロード
・詳しい解説記事

 

Autodesk Fusion 360:CADとCGの性質を兼ね備えた、基本無料なプロ向け3DCAD。

「Fusion360」は、建築CADで有名なAutodeskが提供する工業用3DCADです。
プロ向けCADの問題点である、価格の異常な高さや自由な曲面の作りづらさなどが解消されています。
工業製品を作るのに十分な精度を備えつつ、学生ならびにスタートアップ者は「無料」で、有料対象となる「起業者」でも月40ドルからというプロ向けCADとしては破格の安さです。

機能的な特徴をご紹介すると。

100万円以上の上位CADにしかない、履歴の管理機能があり形状の修正も簡単です。
くわえて、CGライクな自由曲面を作る機能にも優れており、従来のCADとは一線を画するCADとなっています。

それと、「Fusion360」で試してみたいのが、3Dスキャンしたソフトを加工できる機能です。
STLからNURBSへ変換ができるので、いままで難しかったSTLデータからの加工が可能となっています。
現状英語版しかありませんが、日本人でもそれほど操作に困難は感じません。

Autodesk Fusion360

■Autodesk Fusion360

・条件付きで無料 起業者は「月額40ドル〜」
・win版 mac版
・英語版のみ 日本人でも操作はしやすい
ダウンロード
詳しい解説記事

Trimble SketchUp:建築業界向けのフリーモデリングソフト

以前はGoogleが開発・提供した3Dモデリングソフト。2012年にTrimble社に売却されている。工業製品よりは建築的なモデリングに定評があるようです。
基本はフリーですが、機能を強化したPro版は有償となっています。

Trimble SketchUp


■Trimble SketchUp

・無料(pro版は有償)
・win版 mac版
・日本語版あり
ダウンロード
詳しい解説記事

 

DraftSight:プロ仕様なのにフリーの二次元CADソフト。

プロ向けに幅広く使われているAutoCADと二次元レベルだと同等の機能があるフリーソフト。
3D表示は出来ないが、設計図面ライクな二次元CADとしては十分な機能を備えている。

DraftSight
■DraftSight

・無料
・win版 mac版 Linux版
・日本語版
ダウンロード
詳しい解説記事

 

 

DesignSpark:モデリングだけじゃなく設計もできる本格CAD

機械設計が必要なプロダクトを作るときに欠かせないCADですが、100万円以上と高額なことと操作が難しいのが難点です。
しかし、「DesignSpark」不慣れなユーザーでもジェスチャーベースモデリングを使って、直感的に形状を作ることができます。

フリーの3D CAD「Dsigen Spark」
■DesignSpark

・無料
・win版
・日本語版
ダウンロード
紹介記事

 

 

Rhinoceros :プロも使っている安価な本格ソフト。Mac版は今なら無料

プロの工業デザイナーも使っているツールとしては安価なソフト。日本語版もあり、しかもMac版はβ版なので今なら無料です。
プロ向けとしては最安に入る部類なのに、自由曲面の処理が得意など実務向けに十分という評価のようです。

Rhinoceros 3d
■Rhinoceros

・有料(14万円程度)、Mac版は無料
・win版 Mac版(βバージョン)
・日本語版
・Mac版のダウンロード
・詳しい解説記事

 

 

 

3DCGソフト

3D CADと違い3D CGの場合は、個人で手の届くものが多く存在します。現在ではオープンソース系ものなど、高機能なモノも出てきています。

 

Sculptris:CGの知識ゼロで取り組めるデジタル彫刻。

3DCGはリアルのクリエイターにとっては敷居が高く感じられますが、彫刻のように作れるデジタルスカルプト(彫刻)であれば、だいぶとっつき易くなります。
ペンタブがあればかなり操作性も上がるので、デッサン得意な人向けですね。

ただし、ソフトは英語版のみです。しかし、日本語の公式マニュアルがあるので英語が苦手な人でも使えるようです。
もっと極めたい人にはハリウッド映画にも使われる有料版のZBrushも用意されます。

デジタルスカプルト(デジタル彫刻)Sculptris

 

■Sculptris

・無料
・win版  mac版
・英語版のみ ただし日本語のマニュアルあり
ダウンロードはこちらへ
詳しい解説記事

 

 

メタセコイア:人物が得意な国産CGモデリングソフト。

国産モデリングソフトです。モデリング専用なので動作も軽快で、操作も易しく関連書籍も多数発売されているので3D未経験でも始めやすいソフトと言えます。

シェアウエアですが5000円と安く、無料版でもある程度の機能は使えます。
ただし、モデリング専門なので、ポーズ変えや衣装がえなどは「Poser」のようなアニメーションソフトと組み合わせる必要があります。

 

メタセコイア
■メタセコイア

・有料 5000円
・win版  mac版はないけど動かせる
・日本語版
詳しい解説記事

 

 

 

Blender:オープンソースで無料の3DCG統合ソフト。

急速な勢いで機能拡張・整備が進んでおりまだまだ発展途上な部分はあるものの商用のハイエンド3Dツールと肩を並べるほどの機能群を擁しています。

またゲームエンジン機能も内蔵しており、Pythonスクリプトなどを利用することによりインタラクティブなコンテンツを制作できるそうです。これはすごい。。。

Blender 3d
Blender

・無料
・win版  mac版 Linux版
・日本語版あり
ダウンロード
詳しい解説記事

 

 

 

Shade 3D:建築や工業デザイナーに向いている統合型3DCGソフト。最新版は3Dプリンターに対応。

国産でモデリングからアニメーション、レンダリングまで一通りこなせる統合型ソフトです。建築、インダストリアル分野でデザイナーが使う定番ソフトとなっています。
価格も手頃で国内ではホビーユースに人気があり、素材集も豊富です。
しかも、Ver.14から3Dプリンターの標準形式であるSTLに対応しました!

しかし、Mayaや3ds Maxのようなゲームや映画製作に使うハイエンドCGソフトに比べると、アニメーションが不得意で人物や動物作成には向いていないとの評価があります。
ただし、CADやこのページでご紹介している低価格CGソフトと比べると、統合性やモデリング力で高いレベルにあると言えます。

shade ■Shade 3D

・有料 10,000円〜80,000円
バリエーションで値段差あり(値段でレンダリングの解像度が違います。)

・win版  mac版
・日本語
詳しい解説記事

 

六角大王Super:ユニークな初心者向けの3DCGソフト。

元々はフリーのモデリングソフト。現在ではある程度のレンダリング機能も備えている。モデリングソフトとしては強力で、UIの分かりやすさから初心者に向いています。

また、「人体作成機能」と呼ばれる人の正面写真から3Dモデルを作成する機能など、他のソフトウェアには見られない独自機能を多々搭載している。

data六角大王Super

・有料 10,000円
・win版  mac版(最新版は対応してない)
・日本語
詳しい解説記事

 

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2016年:9月3・4日、10月1・2日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ