HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 無料の3D彫刻「メッシュミキサー(Meshmixer)」のインストール方法

無料の3D彫刻「メッシュミキサー(Meshmixer)」のインストール方法

メッシュミキサー(meshmixer)

3Dプリンターを前提として作られている3D彫刻ソフト、「メッシュミキサー(Meshmixer)」を知ってますか?

無料で使える3D彫刻のソフトなのですが、日本ではあまり知られていないので
基本的な使い方をシリーズでご紹介します。

今回はインストール方法と、データ読み込みの注意点をご紹介します。

 

メッシュミキサーのダウンロードとインストール

まずは、Autodeskのメッシュミキサー(Meshmixer)公式ページにアクセスします。そして、ヘッダーにあるdownloadをクリックしてダウンロードページに移動。

 

メッシュミキサー公式サイト

一番上に最新バージョンのMeshmixerが、対応OSごとにラインナップされています。
対応OSは、MacOS、Windows32bit、Windows64bit、Linux64bitです。

使っているOSに合わせてインストールファイルをダウンロードします。
インストール時には、特にユーザー登録なども不要なので簡単ですね。

メッシュミキサーのダウンロードページ

 

STLデータを読み込みでの注意点

メッシュミキサー(Meshmixer)のインストールが終わったら、STLデータをダウンロードして読み込んでみます。
読み込み時にいくつが注意点があるのでご紹介します。

 

1.データの読み込み方向に注意しよう

STLデータの共有サイトはたくさんありますが、今回はThingiverseから猫のデータをダウンロードします。

faceted cat by andresrojas

faceted cat by andresrojas

 

しかし、メッシュミキサーにデータを読み込んでみると、猫が倒れてしまいます。

これは、3Dソフトによって、XYZ設定が異なるためです。

メッシュミキサーはY軸が上になっていますが、3DソフトはZ軸が上に方向になっているものが多いです。そのため、3DデータもZ軸が上のものが多数です。

猫のデータが倒れてしまう

猫のデータが倒れてしまう

Importでサイト読み込み時にZ軸を上に設定する

Importでサイト読み込み時にZ軸を上に設定する

 

そこで、再度Importボタンを押して、Flip Z-Y on Import/Exportのをチェック、Replaceからデータを再配置します。

このように猫が立ちました。
これは、Preferences(環境設定)で最初から設定することもできます。

Z軸を上方向にすると猫が立った

Z軸を上方向にすると猫が立った

環境設定でFlip Z-Y on Import/Exportのをチェック

環境設定でFlip Z-Y axis on Import-Exportのをチェック

 

 

2.Macは直接ファイルが開けない

これはOSがMacの場合の注意点ですが、ファイルを直接開こうとすると何故かエラーメッセージともにメッシュミキサーが終了してしまいます。

Macでメッシュミキサーのファイルを直接開くとエラーになる

Macでメッシュミキサーのファイルを直接開くとエラーになる

 

Macの場合は、メッシュミキサーを起動した時に出ててくるImportからデータを読み込んでください。
メッシュミキサーはバージョンアップが頻繁なので、この辺のバグはそのうち解消されると思いますが。。。

インポートからファイルを読み込もう

Importからファイルを読み込もう

 

 

誰でもオリジナル製品を作れる!「メッシュミキサー」を使おう!

3Dプリンターを買った人に聞くと、自分で3Dデータが作れないとすぐに飽きてしまうそうです。でも、3Dデータって簡単には作れなかったんですよね。

有機的な3Dデータが扱えるスカルプ系のソフトはZbrushなどが有名ですが、難しくてソフトも高いのが問題でした。

でも、「メッシュミキサー(Meshmixer)」を使えば本当に簡単にオリジナル3Dデータが作れてしまいます!しかも、ソフトは無料です!

世界中の色々なサイトから、3Dデータをダウンロードして編集して自分でちょっとしたパーツを継ぎ足してあげれば、自分だけの製品づくりも可能です。

 

 

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ