HOME >>  3DCAD > 3DCADフリー > 無料から使える3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料から使える3DCAD「Fusion360」のインストール方法

3Dで何か作ってみたい!という方にいま最もオススメの3DCADのご紹介!

それは、、、、

最近はだいぶメジャーになってきた「Fusion360(フュージョン360)」です

「Fusion360(フュージョン360)」は業務用に匹敵する性能を持つにもかかわらず、個人は無料で使える3DCADです。※
この記事では、「Fusion360」のインストール方法をご紹介します。さらに後半で、無料期間を更新する方法についてもお伝えします。

※ライセンス:年間$100,000以下の個人やスタートアップ、教育関係者は無償で利用できます。

 

ダウンロードとインストール方法

まず、「Fusion360」の日本語公式ページにアクセスをして、「体験版を無料ダウンロード」のボタンをクリック。

そうすると自動的にインストール用のデータがダウンロードされます。

Fusion360の日本語公式ページ

Fusion360の日本語公式ページ

ダウンロードされたら、「Fusion 360 Client Downloader」を実行します。後は、「次へ」を押していけばインストール完了です。

途中に、Autodeskのユーザー登録画面が出ますので、こちらでIDとパスワードを登録します。
それだけで、インストールは完了です。

簡単ですよねー

 

インストールが上手くいかない場合

Fusion360のインストールは簡単ですが、いくつか上手くいかないケースがあります。

1.Windowsが32bitの場合

Fusion360は、Mac OSXとWindows7以降に対応しています。しかし、64bit専用で32bitには対応していません。
Windowsでインストールが上手く行かない場合は、OSが64bitかを確認ください。

 

2.Windows8以降で、ログインユーザー名が日本語の場合

Windows8以降で、Fusionがインストール後に起動しないケースが多く報告されています。

その場合、ログインユーザー名に2バイト文字(日本語)が使用されていることが原因でインストールエラーが発生している可能性があります。

Windows8以降の場合、MicrosoftアカウントでPCにサインインすると、C:\Usersの下に作られるフォルダ名が、Microsoftアカウントに登録している名前になります。
このとき、Microsoftアカウントに名前を日本語で登録していると、日本語のフォルダ名になり、 ソフトウェアが正常に動作しない原因となることがあります。

一度日本語名が設定されると変更する方法はありませんので、アカウントを追加していただくことでの対応が必要です。 Windowsのサイトを確認していただき、半角英数字のローカルアカウントを作成して再度インストールをお試しください。

 

 3.インストールは出来たけどPCのスペックは大丈夫?

Fusion360は、最近のノートPCであれば問題なく使うことができます。しかし、5年以上前のノートPCではスペック不足の場合があります。
起動後に描画エリアにグリッドが表示されない場合などは、PCのスペック不足を疑ってみてください。

Fusion360が正常に起動した場合

特に、32bitのOSがサポート外なのと、メモリやグラフィックカードのスペック不足が原因の不調が多く報告されています。

メモリーは4G以上が推奨(3Gでも可)、グラフィックカードはインテルGMA X3100カードはダメだそうです。

Fusion360公式サイトの推奨スペックを以下に転機します。(2016年1月現在)

  • Apple Mac® OS® X Mavericks (10.9.5), OS® X Yosemite (10.10.5), OS® X El Capitan (10.11)
  • Microsoft® Windows® 7 SP1 or Microsoft® Windows® 8.1, Windows® 10
  • CPU: 64-bit processor (32-bit not supported)
  • Memory: 3GB RAM (4GB or more recommended)
  • A DSL internet connection or faster
  • Disk space: ~2.5GB
  • Graphics Card: 512MB GDDR RAM or more, except Intel GMA X3100 cards
  • Pointing device: Microsoft-compliant mouse, Apple Mouse, Magic Mouse, MacBook Pro trackpad

 

インストール後に、無料期間を延長する方法

 

Fusion360は、教育関係者や個人利用では無料で使い続けることができます!

ただし、最初のインストール後に無料期間の一ヶ月をすぎると、画面の上に「期間終了は終了しました」という表示がでてきます。

Fusionの無料期間が終了するとアラートが表示される

Fusionの無料期間が終了するとアラートが表示される

ここで、無料期間を延長する必要があります。

手順としては、「期間が終了しました」をクリックすると、「オプション選択」が表示されます。

Fusion360のライセンスオプション画面

Fusion360のライセンスオプション画面

ここでライセンスの購入か無料期間の延長をすることができます。

無料ライセンスは、「学校または教育関係」と「スタートアップまたは愛好家」用の2つがあります。

教育関係は3年、スタートアップは1年間無料で使うことができます。

※ちなみに、この期間がすぎるとどうなるかを以前AutoDeskの日本法人に聞いたところ、同じステップがまた表示されると言われました。なので、現在は、ほぼ無料で使い続けられるようです。

ライセンスの種類と使用条件に同意をチェックして
送信ボタンを押すと終了です。

Fusion360のラインセンスの種類と、国、ライセンス条件への同意をチェック。

Fusion360のラインセンスの種類と、国、ライセンス条件への同意をチェック。

 

 

ライセンスが登録されると、アラートの表示が消えます。
これで、無料ライセンスが切れるまで使い続けることが可能です!

次回は、fusion360の基本操作について紹介いたします。

Fusion360のライセンスが登録されて、アラートが消えた状態

Fusion360のライセンスが登録されて、アラートが消えた状態

 

 

Fusion360に関する連載記事

無料3DCAD「Fusion360」のインストール方法

無料で凄い3DCAD「Fusion360」が登場 

【基本操作編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【レンダリング編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

【修正の機能編】高機能すぎる無料3DCAD・Fusion360の操作

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】ハードゥエアを設計&デザインするCAD技術

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
3DCADのスキルを数ステージあげられる中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングや構造の設計に加え、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス