HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】シートメタルの新機能「曲げ」で、グニャグニャ折り曲げよう!

【Fusion360】シートメタルの新機能「曲げ」で、グニャグニャ折り曲げよう!

Fusion360のシートメタルモードは、板金加工のため機能ですが、応用して様々なモデルを作ることが出来ます。

今回は、比較的新しい機能の「曲げ」を使って、好きなところでグニャグニャ曲げて、ハート型のアクセサリーを作る方法をご紹介します。

モデリングの流れはシンプルで、「フランジで厚みをつける」と「シートメタルで曲げる」の2つだけです。

まず、最初は「フランジ」という機能を使います。この「フランジ」は押し出しに似ていますが、素材を指定して厚さを決めるものです。

フランジで板に厚みをつける

フランジで板に厚みをつける

 

シートメタル規則って何だろう?

フランジでは、「シートメタル規則」で、素材をコントロールする必要があります。

この「シートメタル規則」が分かりづらいみたいなので少し説明します。シートメタルモードは板金を折り曲げる加工法です、なので厚さや素材、コーナーの曲げ具合などを決めておく必要があります。

これが、「修正>シートメタル規則」です。

修正>シートメタル規則

修正>シートメタル規則

 

「シートメタル規則」のライブラリにはあらかじめ素材が用意されており、選ぶものによって厚みは曲げ具合が変わります。

ライブラリを開くと色々な素材が出てきます。設定条件をみると「曲げの半径」などデザインにも影響のある項目がありますね。

また、素材を自分で作りたい人向けには、ちょっと分かりづらいですが「新規作成」ボタンを押すと新しい素材も作れます。

厚さから曲げ条件などの設定

厚さから曲げ条件などの設定

 

作成ボタンを押す

新しい素材を作る場合は、作成ボタンを押す

新規素材を作ることができる

新規素材を作ることができる

 

ちなみに、今回のモデリングでは新しい素材は作らず、「シートメタル規則」のライブラリにある鋼を作ります。

 

アクセサリーのモデリングを開始

あらかじめ描いてあったハート型のスケッチに「フランジ」を適用。この時にシートメタル規則で素材をライブラリにある「鋼」に指定しました。

そうすると、2.5mmも厚さが適用されます。

ハート型のスケッチ用意

ハート型のスケッチ用意

フランジで厚みを適用する

フランジで厚みを適用する

 

続いて、「曲げ」を適用して行きます。「曲げ」は、 モデルの面にスケッチを描いて、スケッチを描いた場所で折り曲げていく機能です。

「曲げ」に使えるのは、「線分」で描くまっすぐな線だけです。

シートメタルの「曲げ」で折り曲げる

シートメタルの「曲げ」で折り曲げる

面に線分で直線を描く

面に線分で直線を描く

 

続いて、「曲げ」のコマンドを適用します。曲げるためには、「固定辺」で基準面を選び、「曲げ線」で曲げます。

ただし、普通に曲げるだけだと、折れ曲り角度が急になり過ぎます。これは、使用している鋼の素材の曲げ半径が2.5mmと急だからです。

しかし、「ルールの上書き>曲げのオーバライド」で曲げ具合もコントロール出来ます。

コントロールすることで、かなり曲げ具合が緩やかになりました。

曲げを適用する

曲げを適用する

ルールの上書き>曲げのオーバライド

ルールの上書き>曲げのオーバライド

 

さらに、裏面にもスケッチを描いて「曲げ」で曲げて行きます。曲げるためのスケッチは、曲げたい面に描くのが鉄則です。

曲げたい面にスケッチを描く

曲げたい面にスケッチを描く

曲げ用の直線

曲げ用の直線

 

裏面に直線を描いて曲げる

裏面に直線を描いて曲げる

 

最後に、全体にフィレットを適用すると、グニャグニャ曲がったハート型のアクセサリーが完成です。

「曲げ」は、本来は板金で箱を作ったりするために使いますが、好きなところで曲げられるのでアクセサリーなんかにも使えますよね。

全体にフィレットを適用する

全体にフィレットを適用する

 

曲がったアクセサリーが完成

曲がったアクセサリーが完成

 

最後に、注意点ですがシートメタルの機能である「曲げ」を使うには、モデルがソリッドではなく「板金」になっている必要があります。ブラウザのアイコンで確認出来ますが、板金状態のモデルにはシートメタルモードのコマンドが適用出来ます。

アイコンが板金

アイコンが板金

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。