HOME >>  3DCAD > 無料から使えて高機能の3DCAD!「Fusion360」とは!?

無料から使えて高機能の3DCAD!「Fusion360」とは!?

fusion360_image

3Dプリンターでイロイロ出力していると、オリジナルのデータが作りたくなってきます。

3Dのソフトは馴染みの無い方には分かりづらいものですが
その場合の選択肢は、3DCADか3DCGのどちらかとなります。

そして、この2つのソフトは根本的に違うものなのです。

 

3DCG

3DCGはゲームなどで使われており、人間などの有機的なモデルを作るのが得意です。
しかし、3Dプリンターには向いてません。
それは、元々絵を作るソフトで寸法が正確では無いのと、見栄え重視で矛盾のある3Dデータができやすいためです。

3D Studio Max 出典:Autodesk

3D Studio Max 出典:Autodesk

Zbrush  出典:Zbrush

Zbrush  出典:Zbrush

 

 

3DCAD

CGに対して、工業製品や建築物を作るためのソフトが3DCADです。正確な寸法で、カッチリとした形状を作るのに適しています。
矛盾の無いモデルしか作れないので、3Dプリンターに適したソフトです。

CATIA 出典:CATIA

CATIA 250万円〜
出典:CATIA

Solidworks

Solidworks 100万円〜
出典:Solidworks

 

これらの特徴から、3DプリンターにはCADが向いています。
「じゃあ、CADを使えばいいのか?」と思いますが

 

業務用ソフトの中でも、CADは群を抜いて高いのが問題です。。。

代表的な3DCADのソリッドワークスやキャティアなどのソフトは、100万円〜800万円ぐらいと
一般人にはとても買えないレベルです。。。

※企業でもなかなか買えませんが。。。

 

実質無料なのに凄すぎる「Fusion360」の機能とは

最近は、無料の3DCADもいくつか出てきていますが、積み木レベルで使えないのが現状です。

しかし、3DCAD界の雄Autodeskさんが出している「Fusion360」は、個人は無料で使えるのに業務用に近い(一部はそれ以上)の機能を持っています。※

※ライセンス:年間$100,000以下の個人やスタートアップ、教育関係者は無償で利用できます。

メイカーズラブでも家電製品などのデザインに実際に使っており、
価格や機能を考えると、3Dプリンターにもっとも向いているソフトとも言えます。

インストール方法はこちらの記事をご覧ください。

Fusion360のインストール方法

 

 

<Fusion360の機能の一例>

Fusion360の機能はざっとこんな感じです。
業務用CADにしか無い機能がふんだんについており、なぜこれが無料??というレベルです。。。

  • モデリング:豊富なコマンドで自由自在のモデリング
  • 履歴機能:あとで簡単に直せる
  • スカルプ:有機的なモデリング
  • アセンブリ:複数の部品を組み合わせるアセンブリ
  • ジョイント:部品を組み合わせるジョイント
  • シミュレーション:負荷計算ができる
  • レンダリング:写真のような画像が作れる
  • アニメーション:モデルを動かせる
  • 図面:3Dから2Dの図面を作れる作図機能

 

モデリング:豊富なコマンドで自由自在のモデリング

Fusionで作ったメガネ

無料CADの多くは積み木レベルなのは、角度のつけたモデリングや
ロフトなど複雑な形状を作るのに向いているからです

スケッチやサーフェースを駆使することで
こんな複雑なモデルでも簡単につくれます。

モデリングの詳細へ

 

履歴機能:あとで形状を簡単に直せる

Fusion360の履歴機能
3DCADの特徴の一つに、完成後に簡単に形を直せる点が挙げられます。

「やっぱり大きくしたい」「モデルの形を変えたい」という的に

過去にさかのぼる事で、簡単に形状を変更することが可能です。

こんなハートの形を変えたりが簡単にできます。

履歴機能の詳細へ

 

スカルプ:有機的なモデリング

スカプルモードでのモデリング

3DCADは、CGのような有機的なモデルを不得意です。
しかし、「Fusion360」には粘土をこねるように3Dモデルを作る「スカルプモード」があります。

「スカルプモード」を使うと、こんな猫のモデルなど、普通のCADが難しいモデルも可能です。

スカルプモードの詳細へ

 

レンダリング:写真のような画像が作れる

Fusion360レンダリング作った3Dモデルをプレゼンするときに使えるのがレンダリング機能です。
ガラスや木材などの素材を割り当てることで
これ写真かな?ぐらいの画像を作ることができます。

レンダリング詳細へ

 

 

アセンブリ:複数の部品を組み合わせるアセンブリ

Fusion360のアセンブリ

CADで製品レベルのものを作ろうとすると、部品が十数点になることも普通です。
しかし、1ファイルでたくさんの部品を取り扱うのは大変。

Fusion360なら、部品ごとにファイルを分けて、最後に組み合わせる(アセンブリ)ことができます。

アセンブリの詳細

 

ジョイント:部品を組み合わせるジョイント

Fusion360 ジョイントの詳細
Fusion360で、組み合わせた部品を実際に動かすことができるのが「ジョイント」です。

ジョイントを設定すると、こんな感じで合体させたモデルを動かすことができます。

 

ジョイントの詳細へ

 

アニメーション:モデルを動かせる

Fusion360ではジョイントしたモデルをアニメーションにすることができます。
3Dモデルだけだど説明が難しい場合などに、重宝する機能です。


アニメーション詳細

 

図面:3Dから2D図面を作れる

Fusion360の図面作成機能日本ではまだまだ2Dの図面盛んに使われています。Fusion360は、3DCADで作ったモデルを2Dの図面にすることが可能です。

3Dモデルから寸法をとり、簡単に図面を作ることができます。

図面の詳細へ

 

シミュレーション:構造解析ができる

 

Fusion360の応力計算Fusion360は、高額CADの機能である構造解析が可能です。

モデルの素材を指定して、どのくらいの負荷をかけると壊れるかを検証する「応力計算」をはじめ、
事前のシミュレーションができるようになっています。
Fusion360でできる構造解析は、静的応力、モード周波数、熱伝達、熱応力、構造座屈、非線形静的応力、イベントシミュレーション、シェイプ最適化など多数です。

 

 

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

 ・日程:2017年:7月1日(土)&2日(日)、7月29日(土)&30日(日)
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ