HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】スカルプトで3分で星をモデリングする方法

【Fusion360】スカルプトで3分で星をモデリングする方法

 

Fusion360で星ってどうやって作るんですか?

という質問があったので、スカルプトで作る方法をご紹介します。
パッチでも作れますが、スカルプトだととても簡単で3分でモデリングできます。

ちなみに、簡単なモデルではありますが
スカルプトの基本を押さえるための色々な要素が入っており
なかなか良い入門課題だと思います♪

 

最初に、星の元になる10角形を描きたいのですが、円柱を作ると簡単にできるので
まずは、スカルプトの円柱で、「直径の面を10」にして円柱を作成します。

スカルプトの円柱

スカルプトの円柱

続いて、「穴の塗り潰し」で円柱に面を作ります。

面ができたら、不要な円柱部分を削除すると10角形が出来上がります。

 

穴の塗り潰しで面を作る

円形の面ができる

円形の面ができる

ただ、そのままだと円形に見えるので、ユーティリティーの表示設定をブロックにしておきましょう。

このままモデリングしてもいいですが、頂点が垂直になっている方が
分かり易いいので18度回転します。

面の表示をブロックにする

面の表示をブロックにする

面を18度回転させる

面を18度回転させる

 

これで、準備ができたので星型をモデリングしましょう。

そして、「フォームを編集」で10角形の頂点を一つ飛ばしで、中央に集めます。

中央に集める時は、真ん中の3D拡大縮小を使います。

頂点を一つ飛ばしで移動する

頂点を一つ飛ばしで移動する

星の形状になる

星の形状になる

星の形はできましたが、これは表示をボックスにしているからで
モデル自体はこのようにスムーズがかかって鋭角がない状態です。

なので、「折り目」を適用して、角ばった星にしていきます。

表示をスムーズにすると柔らかい星

表示をスムーズにすると柔らかい星

折り目で角ばった星にする

折り目で角ばった星にする

 

これで星ができましたが、このままでは肉厚がゼロです。

そこで星のモデルを実態化するために、「厚み」を適用します。

最後にフォームを終了で、スカルプトを終了すると
星のモデルの完成です。

厚みで肉厚をつける

厚みで肉厚をつける

フォームを終了で星の完成

フォームを終了で星の完成

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。