HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で不思議な形!水晶玉に這う蛇をつくる方法

Fusion360で不思議な形!水晶玉に這う蛇をつくる方法

Fusion360で水晶に蛇を這わせる

Fusion360で、不思議な形を作るコーナー。

今回は、水晶に這うような蛇を作る方法をご紹介します。きっかけはTwitterで、こんなのを作っているFusion360のユーザーさんを発見したことです。

早速、作り方を聞いてみたところ、ヒントを教えてもらったので、少し簡単にアレンジした方法で作ってみました。

今回は楕円の球を作るので、楕円のスケッチを描きます。(回転するので、真ん中の点線を実体化しましょう)

次に、楕円とは違う面に水平線を描きます。

楕円形のスケッチを描く

楕円形のスケッチを描く

楕円とは違う面に水平線を描く

楕円とは違う面に水平線を描く

これで、スケッチは完了なので、楕円を回転して少し縦長の水晶玉を作ります。

今回のモデルでポイントになるのは、球に蛇の形状が巻き付くようにできる部分です。これを作るためにパッチのスイープを使います。

パッチのスイープで、水平線をプロファイル、楕円の垂直線をパスにして、角度を720度にしておきます。

回転で楕円型の水晶を作る

回転で楕円型の水晶を作る

パッチのスイープで、螺旋形を作る

パッチのスイープで、螺旋形を作る

これで、水晶玉を分割する螺旋型ができるので、面の分割で水晶玉を分割します。

螺旋形を使って水晶の面を分割する

螺旋形を使って水晶の面を分割する

水晶の面が分割できたら、ここにパスに沿った平面で作業面を作り、小さめの円を描きます。

分割面にパスに沿った平面で作業面を作る

分割面にパスに沿った平面で作業面を作る

作業面に小さめの円を描く

作業面に小さめの円を描く

続けて、スイープで形状を作ります。円をプロファイル、パスを水晶の分割線にすると、水晶面に這うような蛇ができます。

あとは、ミラーを使って下に増やして、結合で蛇を切り取れば完成です。

今回は、シンプルに作るためにスイープを使いましたが、ロフトを使えば、頭が大きくしたり尻尾を細くしたり、もっとリアルな蛇が作れると思います。

スイープに角度をつけて蛇の形を作る

スイープに角度をつけて蛇の形を作る

ミラーリング上下に反転させる

ミラーリング上下に反転させる

水晶と蛇が食い込んでいる部分は結合で切り取る

水晶と蛇が食い込んでいる部分は結合で切り取る

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。