HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリンターで作られた?!くまモンのメロンが販売開始

3Dプリンターで作られた?!くまモンのメロンが販売開始

くまモンメロン

 

3Dプリント事業を行なっているメルタと、熊本のメロン農家・西川農園が共同で「くまモン柄のメロン」の販売を開始しました。

くまモンメロンの公式サイトはこちらへ

その名の通り、熊本県のご当地キャラクター「くまモン」の模様がメロンに入っている商品です。

しかし、このくまモン模様は、一体どうやって付けられたのでしょうか??

方法は、3Dプリンターを使った型を使うことにあるようです。

メロンは幼果期に傷ができることで、傷の形に模様ができる性質を持っています。

そこで、くまモン模様の型を3Dプリンターで作成して、その形に沿って模様を傷をつけるんだとか。

メロンへの模様の付け方

ちなみに、くまモンの型をよくよく見ると、ダンボールのように見えるのは、、
きっと目の錯覚でしょうw

 

食べるのが勿体無い感じの可愛いメロンですが、現在6,480円で販売中です。

受付は3月15日まで、発送は5月1日となるそうです。

贈答用に送ると、喜ばれそうですよね!

商品名:「くまモン柄のメロン」
価格:6,480円    すべて消費税・送料込です。
キャッチコピー:甘いと想いを一緒にお届け
受付期間:19/1/8から3月初頭でご注文は承ります。2019年5月初旬に届きます。
支払い方法:現在「銀行振り込み」と「PayPal」での対応とさせていただいております。
サイト:https://kumamon-melon.com/

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス