HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360のデータ復活!専用WEBサービスを使おう

Fusion360のデータ復活!専用WEBサービスを使おう

Fusion360のデータ復活

Fusion360のデータ管理はクラウド型です。

データがサーバーにアップされるので、
アカウントさえあれば何処からでもアクセス出来るので便利です。

ただし、たまにデータが開かないという現象が起こります。。。

ここで役立つのが、Fusion360のWEBサービスです。
リストが使いやすいので、データ管理にとても便利です。

WEBサービスからデータのダウンロードも出来るので、「データが開かない!」という時の救済策をご紹介します。

 

 

Fusion360のWEBサービスでデータ復活!

Fusion360のソフト側でデータが開かないと、こんなアラートが出てきます。

ここで慌てずに、データパネルの上にあるプロジェクト名をクリックしましょう。

そうすると、Fusion360の専用WEBサービスに移動します。

データが開けないエラーメッセージが出る

データが開けないエラーメッセージが出る

プロジェクト名をクリックしてWEBサービスへ移動

プロジェクト名をクリックしてWEBサービスへ移動

あとは、リストを辿って必要なデータを探して、ダウンロードボタンをクリックします。

WEB サービスでは様々な形式でデータをダウンロードできますが、Fusion360の形式となる「Fusion 360 Archive」を選びました。

そうすると、登録しているメールアドレスにデータを送ったというメッセージが表示されます。

データのダウンロード期限は7日です。

Webサービスから必要なデータを探す

Webサービスから必要なデータを探す

ダウンロードボタンをクリックして、Fusion360形式を選択

ダウンロードボタンをクリックして、Fusion360形式を選択

データをメールしたメッセージが出る

データをメールしたメッセージが出る

 

あとは、登録しているメールアドレス届く、ダウンロード用のメッセージからデータをダウンロードします。

アプリ側の開くボタンで開くと、無事データが展開できました。

Fuson360のWEBサービスは、あまり知られて内容ですが
「Fusion360でデータが開かない!!」という場合は、とても重宝しますよ。

 

登録メールアドレスにダウンロード用のメッセージが届く

登録メールアドレスにダウンロード用のメッセージが届く

Fusion360側でデータが無事展開できた

Fusion360側でデータが無事展開できた

 

 

 

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。