HOME >>  メーカーズニュース > 列車のレールを路線ごと3Dプリントする計画が発表!英国Amey

列車のレールを路線ごと3Dプリントする計画が発表!英国Amey

レールの3Dプリント

英国のインフラ企業Ameyは、3Dプリンターをレールの配備に使う計画を発表しました。

列車の乗客は、英国でも過去20年で倍増しており、人材の高齢化に伴い作業員の確保に苦慮しているそうです。

現在のレールの配備や更新など路線のメンテナンスは、古いものを新しいものに交換する方法です。そのため、非常にコストがかかり、準備には数ヶ月を要します。

また、配備中は路線を長期間閉じる場合もあります。

さらに、作業自体が路線の運行中に行われるため、作業員が危険にさらされるという問題もあります。

レールの3Dプリント

これらの課題に対して、Ameyが出したのがロボット工学と3Dプリンター技術の組み合わせです。

まずは、レールの交換から初めて、路線ごとの設置までを計画しているそうです。

ロボット企業ABBとの共同で展開される、このプロジェクトでは様々なメリットが期待されています。

まず、レールの更新作業をロボットが行うことで、作業員が事故にあうリスクがなくなります。

さらに、3Dプリンターを使うことで、作業効率が80%向上し材料廃棄物の40%が削減され、レールの60%以上が再生可能だそうです。

Ameyではこれらの効果により、56億円のコスト削減が見込めるそうです。

3Dプリンターとロボットの組み合わせは
インフラ産業にも大きな変革をもたらしそうですね。

出典:Amey 3D printing our railways

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座