HOME >>  メーカーズニュース > 金属に自在に彫刻!4万円のレーザー彫刻機「Runmecy」

金属に自在に彫刻!4万円のレーザー彫刻機「Runmecy」

「Runmecy」はキックスターターに登場した、金属彫刻機のプロジェクトです。

いわゆる半導体レーザーの一種ですが、半導体レーザーは出力が数ワットと弱く
普通は木材の表面を彫刻するのみです。

しかし、「Runmecy」は5wレーザーを直径0.2mmから0.08mmに圧縮することで
ステンレス鋼、アルミニウム合金、鉄、ガラス、セラミック、木、竹、紙、アクリル、革、石、セメント、とほとんどの素材の表面を彫刻できるそうです。

また、「Runmecy」は彫刻だけでなく、木材(最大1.5mm)を切ることができます。

「Runmecy」の詳細はこちらへ

簡単なステップで彫刻ができる

「Runmecy」は、Windows PCやMacとUSB接続して使用できる他、スマホからでも使用できます。

一般的なレーザー加工機は、業務用機器という事もあり
オペレーションも難しいものが多いです。

対して、「Runmecy」はかなり操作が簡単そう。

例えば、スマホで使う場合は、紙にスケッチを書いて、スケッチをスマホで撮影、スマホで「Runmecy」をコントールという3ステップです。

「Runmecy」のプロジェクトは、約2460万円をすでに集めています。

日本でも購入することが可能で、本体価格は37,470円、日本への送料は2,700円です。

「Runmecy」の詳細はこちらへ

※キックスターターのページによると「Runmecy」はクラス4相当のレーザー製品です。裸眼での使用は目へのダメージがあり、保護メガネなどで目を守る必要があります。

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座