HOME >>  メーカーズニュース > 大手主導による3Dプリンターの研究組合が発足したみたい

大手主導による3Dプリンターの研究組合が発足したみたい

総務省

産業用の3Dプリンターをテーマに大手企業と大学に経済産業省が加わった研究組合「次世代3D積層造形技術総合開発機構」が、4月1日に発足したそうです。

機構では、金属を使い航空部品や人工関節などの複雑な構造をもつ製品を目標にするみたいですね。スケジュール的には2015年度までに試作品を作り、2019年度までに販売に乗り出すそうです。

しかし、参加しているのがパナソニック・三菱重工・IHI・日産・コマツをはじめとした民間27社に、東北福祉大学・近畿大学・産業技術総合研究所、そして総務省です。
加盟各社は年間50万円を支払い、総務省は初年度38億円の予算をつけるとか。。。

金属を使った3Dプリンターは期待している分野です

日本勢は欧米企業にかなり水を開けられた状況、この発表で関連企業の株は上がっていますが
ただ、このスピード感と重さでプロジェクトが進むんだろうかとやや不安ではあります。。。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス