HOME >>  メーカーズニュース > 3Dの靴が量産開始?!アディダスが、3Dプリントシューズ「Futurecraft 4D」を発表!

3Dの靴が量産開始?!アディダスが、3Dプリントシューズ「Futurecraft 4D」を発表!

アディダスの3Dプリントシュー座右

スポーツシューズ業界では、Rivals Nike、Under Armour、New Balanceなどのメーカーが、3Dプリンタープリントしたスニーカーを発表しています。
ただし、プリントに時間がかかるので、一部のアスリート用など実験的な試みが大半でした。

しかし、アディダスが先日発表した「Futurecraft 4D」は、量産品として発売される初めての3Dプリンターシューズとなるようです。

3Dプリントの製品を量産するのに、問題になるのは3Dプリント自体に時間のかかりすぎることです。

その問題点を、シリコンバレーの3Dプリントベンチャー「Carbon社」と提携することで解消。

3Dプリントの靴「Futurecraft 4D」 3Dプリントの靴「Futurecraft 4D」

「Carbon社」が持っている、従来の10倍以上のスピードで3Dプリントできる技術により、20分でソールをプリントできるそうです。
印刷が早いだけでなく、表面の仕上げも通常の射出成型品と遜色がないとのこと。

アディダスは昨年も3Dプリントのシューズを販売していましたが
ソールのプリントに10時間もかかるため、100程度しか作ることができませんでした。

3Dプリントされたアディダスのソール 3Dプリントされたソール 3Dプリントされたソール

「Futurecraft 4D」の登場は、単に成型品が3Dプリントに変わるだけではありません。

アディダスでは、将来的に個人の体重や歩行、スポーツの種目に合わせて完璧にフィットする靴を目指すそうです。

これは、3Dスキャンなどの測定により、一人ひとりにフィットするシューズを作ることが量産品ベースで可能となることを意味しています。

アディダスは2017年末に5000足、さらに2018年末までには10万足の販売を目指すそうです。

これだけの量が生産されてくると、靴という商品自体が変わってきそうですね。。。

画像などの出典:アディダスのグローバルサイト

 

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:8月26(土)&27z日(日)
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ