HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360チュートリアル スカルプト > Fusion360で人間のフィギュアを作ろう[頭部のモデリング:基本編]

Fusion360で人間のフィギュアを作ろう[頭部のモデリング:基本編]

Fusion360で作った人間の頭部

Fusion360で作った人間の頭部

Fusion360のスカルプトで車やキャラクターを作るのは
以前から行っていましたが、人間のフィギュアを作るのに挑戦して見ました。

Fusion360で、人間のフィギュアを作ることができると
色々なメリットがあります。

まずは、Blenderやmayaのような
「超絶難しいCGソフト」を覚えなくて良い点です。

さらに、3DCADなので、関節などの可動部分はCGに比べて、圧倒的に作りやすくなっています。

まずは、3回ぐらいで、頭部や顔、髪ぐらいまでを作ってみます。
まつ毛ぐらいまで作ると、だいぶリアルな顔はできそうですね。

 

人間の頭部の基本形を作る

頭部の基本的な形

頭部の基本的な形

今回は、人間の頭部の基本型をスカルプトで作って見ます。

スカルプトの機能の中でも、メインで使うのは「フォームを編集」と「挿入点」の2つです。
それと、モデリングは基本的に「ブロック表示」で進めます。

まずは、元になる形状を直方体で作ります。

そして、これを頭部の形に少しづつ直して行きます。

全体のフィルムを整えると、だんだん人間の頭に近くなって行きます。

直方体をベースにする

直方体をベースにする

フォームを編集で変形して頭部の近づける

フォームを編集で変形して頭部の近づける

横からみて、頭部に近くなるように調整する

横からみて、頭部に近くなるように調整する

立体的に見て、細かい部分を調整する

立体的に見て、細かい部分を調整する

さらに、首を作るために頭の下に穴を開けて
これを「フォームを編集」で下に引っ張ります。

首の根元の面を削除する

首の根元の面を削除する

首の根元の面を削除する

首の根元の面を削除する

フォームを編集で引っ張り首を作る

フォームを編集で引っ張り首を作る

 

 

顔の基本形を作る

あとは、顔の大まかな部分を作って行きます。

ここで活躍するのは、「挿入点」のコマンドです。

これを使えば、面に一つ一つエッジを書き込むことが可能です。

目や鼻の部分を、「挿入点」で書き込んで

あとは「フォームを編集」で凹凸をつけて行きます。

顔のディティールを挿入点で書き込む

顔のディティールを挿入点で書き込む

フォームを編集で鼻梁の部分を盛り上げる

フォームを編集で鼻梁の部分を盛り上げる

顔のディティールを細分化する

顔のディティールを細分化する

さらに、口の周りを書いて行きます。

ここでも「挿入点」で、口元のディティールを書いて行きますが
ポイントは、なるべく三角形を作らずに、ポリゴンは四角にすることですね。

口元もフォームを編集で、立体化すると
だんだん人間の顔に近づいてきました。

唇の部分を、挿入点で作る

唇の部分を、挿入点で作る

唇の中央の面を削除する

唇の中央の面を削除する

顔を横から見た状態

顔を横から見た状態

フォームを編集で、唇を押し出して作る

フォームを編集で、唇を押し出して作る

あとは、目のポリゴンを削除します。

目の部分は、「フォームを編集」で窪みを作ります。

目玉は、球体を作って大きさを適当に調整します。

 

目の部分の面を削除する

目の部分の面を削除する

フォームを編集で目の窪みを作る

フォームを編集で目の窪みを作る

目玉を球体で作る

目玉を球体で作る

表示をスムーズにする

表示をスムーズにする

 

これで、Fusion360のスカルプトで作る、基本的な頭部の形は出来てきました。

あと、最後にスカルプトでのモデリングのコツを1つ。

スカルプトでこういう形状を作る方法は
CGのポリゴンモデラートとほとんど同じような操作です。

しかし、3DCADとCGの大きな違いは、自分のボディに自分が食い込む「自己交差」です。(この辺はCGに比べてCADの方が制約があります)

「自己交差」は、絵を作るソフトであるCGでは問題にならない箇所ですが、
3DCADは物理的な矛盾は許してくれません。

スカルプトで人間をモデリングする場合は、ユーティリティーの
「ボディを修復」と「均一化」を使って
ボディを直しながら、モデリングしていく必要がありますね。

次回は、耳や眉毛、まつげや鼻の造作、エラの部分などの作り込みを行って行きます。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。