Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > フィラメントを乾燥から守る真空ケースが登場。

フィラメントを乾燥から守る真空ケースが登場。

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

3Dプリントで使うフィラメントは、開封後にだんだん劣化してしまいます。
特に、日本は湿気があるために、水溶性のフィラメントなどは直ぐに使えなくなるのが大問題です。

キックスターターに登場した、「Vacuum Sealed Filament Container」は
バキュームを使って空気を抜き、真空状態を作るフィラメント用のコンテナです。

ワインの瓶から空気を抜くバキュバンと同じような仕組みですね。

 

特徴
1) 真空バルブとポンプ:特殊なバルブとポンプを使用して空気を吸引し、空気中の水分が容器に入るのを防ぎます。

フィラメント乾燥コンテナ

 

2)強い構造:真空状態を保持するために、蓋と容器自体は特別に設計されています。

真空ポンプ

3)真空インジケータ:完全に真空状態にされると、真空バルブの中心が元のドーム形状から内側に閉じます。

フィラメント乾燥コンテナ

 

真空フィラメント容器は、750gのフィラメントスプールを用いて30日間試験。下のグラフは、容器内の相対湿度(灰色線)と保存時間が増加するにつれて周囲湿度(赤線)の変化を示しています。容器には15gの乾燥剤5袋が入っています。

真空ポンプのテスト結果

容器に入るフィラメントのサイズは、
直径205mm x高さ 85 mmで、1キロ以下のリールが収納できるようになっています。

真空容器の値段は、コンテナが6つ真空ポンプが1つで59カナダドル(約5000円)です。

Vacuum Sealed Filament Container」は、日本国内でも購入可能で送料は約1200円。
湿気の多い日本にぴったりの製品ですね。

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。