Kickstarterなどで資金調達に成功した、
3Dプリンターや電子工作などを駆使して作られている楽しげなMONOをご紹介。
HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター アクセサリー > 3Dスキャナが、たった4万円でゲットできる?!

3Dスキャナが、たった4万円でゲットできる?!

佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

低価格 3Dスキャナ

 

3Dスキャナーといえば、安くて30万円ぐらいするものという認識でしたが。。。

カナダのメーカーMatterform社が3Dスキャナ「Photon」を450カナダドル(44,000円)で販売する計画を発表しましたー

Matterform社は、最近クラウドファンディングの「Indiegogo」で350カナダドル(34,000円)とう価格で「Photon」の特別販売を行い、2,250万円以上を集めたことで話題になっています。

Matterform社の目標が800万円だったことを考えると、この分野の注目度が分かりますね。

 

Photon」は、折りたたみ可能なデザインで持ち運びに便利そうですね。折り畳むと小さなスーツケースぐらいの大きさになるのもいい感じ。

スペック的には最大で190mm×190mm×250mmぐらいの物体をスキャンを3分程度でスキャン出来るようです。

データ形式は3Dプリンターで使われている主要形式であるSTL、OBJ、PLYでエクスポート出来るとのこと。

3Dスキャナ Photon

 

この記事を読んでいると、いろいろ製造業に応用出来そうなイメージがわいてきました。

3Dプリンターで何かを出力するのは当然3Dデータが必要ですが、モデリングソフトはなかなか難しいものです。
自分でも、グラフィックデザイナーになりたてのこと一度挑戦して挫折した記憶があります。

しかし、3Dスキャナがあれば、例えば金型が必要だった凝ったアクセサリーのような複雑な形状のものでも原型を作ってCNCで量産も可能になりますよね。

これは欲しいですねー

 

▼「Photon」が動いている様子はこちらへ

 

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。