HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 東大病院!3Dプリンターを使った人工骨を来年にも実用化

東大病院!3Dプリンターを使った人工骨を来年にも実用化

東大の3Dプリンターによる人工骨

東京大学HPより引用

 

東京大学医学部付属病院が、事故などで欠落した顔面の骨を代用出来る「人工骨」を開発中だそうです。

プロジェクトはかなり以前から進められており、再生医療ベンチャーの「ネクスト21」と共同開発。
平成17年ごろから臨床試験が実施されていたものの実用化がみえてきました。

製造は当然オーダーメイドで、全国の病院から「ネクスト21」がオーダーを受ける形です。

なんだか特殊なケース?とも思えますが、東大病院によると事故やガンの手術で顔の骨がかける人は全国で数千人規模だとか。

現在は、患者の肋骨や腰から移植するケースが多いそうですが、移植後の変形や後遺症があるそうです。

東大病院の開発している「人工骨」は、実際の骨と同じ「α型リン酸三カルシウム」を原料にしており、2〜3年で人体と一体化するそうです。

もう実用化秒読みの段階とうことで、3Dプリンターの医療利用が日本でも始まってきましたね〜

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス