HOME >>  CNC > Fusion360で切削!低価格のCNCが45,555円から登場!

Fusion360で切削!低価格のCNCが45,555円から登場!

C-Beam Machine

個人で使えるCNCは、選択肢が少ない状況でしたが

AvalonTechより販売が開始された
C-Beam Machineは45,555円(クリスマスセール価格)から購入することができるCNCの組み立てキットです。

加工可能な素材は、木材やMDF、ケミカルウッド、アルミ、一部のアルミ合金だそうです。
(同シリーズのC-Beam Machine XLargeではアルミ合金6000系までは切削ができているそうです。)

ケミカルウッドの加工事例

ケミカルウッドの加工事例

ケミカルウッドの加工事例

ケミカルウッドの加工事例

アルミの加工事例

アルミの加工事例

アルミの加工事例

アルミの加工事例

MDFの加工事例(XLargeを使用)

MDFの加工事例(XLargeを使用)

MDFの加工事例(XLargeを使用)

MDFの加工事例(XLargeを使用)

 

ただ、C-Beam Machineの基本キットはフレームのみのため、何も持っていない状態から切削を行うには、もう少しオプションを付け足す必要があります。
C-Beam Machineの購入サイトでは、必要なオプションが選択できるようになっています。

C-Beam Machineの詳細はこちらへ

オプションを搭載した状態

オプションを搭載した状態

 

さらに、C-Beam Machineは、Fusion360に標準で入っているポストプロセッサが使用できます。

FusionのCAMはかなり高性能なので、組み合わせるとかなり綺麗な加工ができそうですね。

 

AvalonTechでは、オープンソースハードウェアのコミュニティも用意されているので
切削の条件の成功例なども共有されていくそうです。

個人向けのCNCとしては、従来よりもかなり低価格のものが登場することで
ユーザーの選択肢が増えて良いと思います。

C-Beam Machineの詳細はこちらへ

C-Beam Machineについて

C-Beam Machineは、Mark Carew氏がC-Beam機構(2015年)を考案し、V-Slot機構を用いたOpenBuilds OX CNCマシン(2013)に組み合わせた(オープンソースハードウェア)3軸CNCです。

 

さらにいくつかの特殊プレート板を用いたリードスクリュー伝道仕様で、ベルト伝動のOXマシンより剛性が高く、精密を実現しました

・ワークエリア:X軸350mm Y軸280mm Z軸160mm
・切削物最大高さ: 35mm
・機械精度: 0.05mm~0.10mm

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス