HOME >>  メーカーズニュース > ケンウッドが、量産品に3Dプリント部品を使用開始

ケンウッドが、量産品に3Dプリント部品を使用開始

HP Jet Fusion
3Dプリンターは詩作や治具製作の道具だと思われていますが、最近は小ロットの量産品に3Dプリンターを使う動きが目立ってきています。
従来の3Dプリンターは印刷速度が遅く、量産には向いてませんでしたが、インクジェット3Dプリンターがその問題を解決しています。

音響メーカーのケンウッドでは、開発中の医療用カメラの部品に3Dプリンターの「HP Jet Fusion 」で造形したパーツを使用するそうです。

ケンウッドでは、以前より3Dプリンティングの可能性に注目し、形状試作や治具などのツーリング分野で活用。
最終製品への適用に向けSOLIZE Productsと日本HPと共同で3Dプリンティングによる造形に適したパーツの選定や、試作したパーツの技術的な検証を実施し、医療用カメラの内部部品として量産が決定したそうです。

この部品は、「HP Jet Fusion 」の特長を生かした設計の最適化がされており、従来工法では製造が難しい複雑な構造を実現することで、機能改善とコスト削減を両立したとのことです。
医療用のカメラとなると、ロットは100単位だと思うので、金型量産だとコストが上がるタイプです。製品の単価も高いので、3Dプリンター部品の適用には向いていると思います。

ラジカセの ハンドル部を3Dプリンターで試作

ラジカセの ハンドル部を3Dプリンターで試作

また、家電業界では長期にわたる補給部品の金型管理や、メンテナンスコストの負担が共通の課題となっています。
そこで、ケンウッドでは、生産終了製品の補給部品へ、3Dプリント部品適用の検証を進めてるそうです。
家電などは10年以上も使うものがありますが、故障しても部品がないケースが増えています。そういうものにも3Dプリンターが使えるとは思っていましたが、日本の企業でも採用が進んでくると思います。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス