HOME >>  メーカーズニュース > 世界初の3Dプリントでのカスタムヘルメットが登場!

世界初の3Dプリントでのカスタムヘルメットが登場!

3Dプリント自転車ヘルメット

ロンドンを拠点とするベンチャー企業、Hexo Helmetsは、3Dプリントで作成するカスタム自転車用ヘルメットの発売を発表しました。

Hexo Helmetsは、SLS方式の3Dプリンターを使用しポリアミド11で作成されます。

設計に当たっては、軽量で衝撃に強い構造とするため、ハニカム構造が採用されています。

3Dプリント自転車ヘルメット

3Dプリント自転車ヘルメットのハニカム構造

創設者であるジェイミー・クックは、ロンドン大学(UCL)でHexo Helmetsを研究し始めました。

材料科学者のMark Miodownik教授の監督の下、エネルギー吸収のための設計方法のほとんどが曲面ではなく平らな接触面に基づいていることを発見しました。

さらに、伝統的なヘルメットに使用されているEPSなどの材料は衝撃を受けて硬化してしまいます。

この発見の後、クックは、ポリアミド11のような再生可能な原材料の機械的性質を歪めることなく、ハニカム構造を製造することができる3Dプリンターに目を向けました。

ジェイミー・クックは、次のように述べています。

「現在のような自転車用ヘルメットが登場して60年が経過しました。エネルギーを吸収する効率は、たった30%しかありません。
3Dプリンターによるハニカム構造は、重量に対する重量比の中で最高の圧壊強度を持っています。自転車用ヘルメットを製造しようとしている場合、それは優れた構造であり、安全性と軽量性の両立が可能となります」。

Hexo Helmets、ユーザーの頭の寸法に基づいて設計されています。Hexoヘルメットスキャニングアプリを使用して、3万点の3Dメッシュが生成され、そこからヘルメットが設計されます。

Hexo Helmetsは、349ポンド(約5,5000円)で注文することが可能です。

Hexo Helmetsの公式サイトはこちらへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス