HOME >>  メーカーズニュース > 3D積層技術で設計されたバイパス橋・イギリス エリー市

3D積層技術で設計されたバイパス橋・イギリス エリー市

イギリスのエリー市に、3D積層造形技術を駆使して設計された、1.7kmのバイパスが建設されました。

この複雑な建築プロジェクトを実現するため、RMD Kwikform社は3Dプリントモデルと3Dビジュアライゼーションを使用し、建設業者が課題と解決策の両方を理解するのを助けました。

グレートウーズ川を渡るこの高架橋は、オフセットV字型の桟橋を備えたイギリスで最初のプロジェクトです。

これらの大きな課題の1つは、V字型桟橋の基礎を築くことでした。グレートウーズ川を横切る区間は、川の両側にある2つの桟橋によって支えられています。

この難しい設計を視覚化するため、3Dプリントでの模型が利用されました。

3Dプリントの視覚化により、建設チームは計画プロセスを合理化し、作業領域を物理的に確認することができました。

さらに、3Dモデリングを通じて、エンジニアは装置の公差と動きをよりよく理解することができました。この3Dモデリング技術は、プロジェクトの開発および設計段階で重要な役割を果たしています。

高架橋は、複雑な幾何学的構造のために2次元で正確にモデル化するのが困難であることが判明でした。

そこで、RMD Kwikform社は120以上の異なる図面を作成して構造の様々な寸法と曲率を把握する必要があったためです。

出典:RMD Kwikform社のリリースへ

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座