HOME >>  メーカーズニュース > 3DプリンターとIPS細胞で、馬の骨折を直す研究が発表

3DプリンターとIPS細胞で、馬の骨折を直す研究が発表

馬は骨折を直すが、とても難しい動物です。そのため、骨折した競走馬などは、現在は安楽死させざる得ない状況です。

英国のアニマルヘルストラスト(AHT)とイーストアングリア大学(UEA)の研究者は、馬の骨の再生をサポートするために3Dプリント足場を使用する研究を発表しました。

ポリカーボネートで3Dプリントされた足場には、細胞を培養し構造を維持する機能があります。この足場が、馬本体由来のiPS細胞を骨形成細胞に変えることを可能にします。

馬の骨折を3Dプリントで直す

AHTのDebbie Guest博士は次のように述べています。

「この研究は、馬の骨折修復を補助するための構造物を実験室で生産する道を開きます。そうすれば、将来的には多くの馬に利益をもたらす可能性があります。」

研究では、MakerBot Replicator 2を使用して、細かいメッシュ(穴径150 µm)で2つの足場を作成し、その後細胞と共に培養しました。

そして、足場の細かいメッシュ層が細胞を効果的に保持していることが実証されました。これにより、栄養素の供給と細胞の増殖、移動が可能になりました。

先々は、ウマのIPS細胞を骨形成細胞に分化することが出来ると、研究者は述べています。

研究が進めば、費用対効果の高い馬の骨折治療が将来的に実現するかもしれませんね。

本研究はTissue Engineering誌に掲載されています。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座