HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリンターで、運転できるランボルギーニが作られた!

3Dプリンターで、運転できるランボルギーニが作られた!

3Dプリントのランボルギーニ

3Dプリントのランボルギーニ

実際に運転できるランボルギーニが、米国の科学者親子によって3Dプリンターで作成されました。

米国コロラド州のレーザー技術メーカー、KMLabsの最高科学責任者であるBackus氏と彼の11歳の息子は、約2000ドル(約22万円)の費用をかけて、実際に運転できるランボルギーニを作成しました。

Backus氏はスチールシャーシを手作業で構築し、エンジンはコルベットからLS1 V8を取り出して使用しています。

そして、外装パネルの部分は3Dプリンターで作られています。
彼は、オンラインデザインコミュニティのGrabCADを使用してパネルデータを見つけ、3Dプリント用に変更しました。

しかし、彼は問題に遭遇しました。

3Dプリントされたプラスチックは太陽の下で溶けてしまいます。そこで、彼はカーボンファイバーのシートを組み込むことにしました。

このシート組み込みでは、部品をラップしてエポキシで覆います。
彼はAmazonから約900ドルで手に入れたCrealityの卓上型3Dプリンターを使用して、パートごとにプリントすることで、スーパーカーの形状を組み立てました。

そして、完成したランボルギーニは、実際に運転することが可能です。

Backus氏は最終製品を科学技術、工学、芸術、数学(STEM教育)プログラムの教育ツールとして使用したいと考えているそうです。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座