HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリントで感染症を治療する補聴器!UCLの研究発表

3Dプリントで感染症を治療する補聴器!UCLの研究発表

補聴器は長期間使用すると、耳の感染症の原因になることがあります。

ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)の研究者は
3Dプリントされた治療作用のある補聴器を発表しました。

この研究により、患者専用にカスタムされた医療機器での
3Dプリンターの新しい可能性が明らかになりました。

抗菌作用のある補聴器

現在では、カスタムメイドの補聴器の多くが3Dプリンターで作られています。

しかし、補聴器を長期間使用すると、細菌の感染症のリスクが高まる可能性があります。
そのため、感染により補聴器の使用を中止せざる得ないのが問題です。

この研究は、補聴器自体に治療効果を持たせるアプローチです。

研究者チームは、3Dプリンターにより、シプロフロキサシンとフルオシノロンアセトニドの2つの薬剤を配合した補聴器を作成することに成功しました。

シプロフロキサシンとフルオシノロンアセトニドは、一般的な耳の点耳薬治療に使われています。

3Dプリントの造形素材として、フレキシブルレジンとハードレジンに、12%のシプロフロキサシンと0.5%のフルオシノロンアセトニドを混合しました。

次に、光造形プリンターのKudo3D Titanで3Dプリント。造形された補聴器をイソプロピルアルコールで洗浄し、UV硬化機を使用して60°Cで1時間硬化させました。

続いて、造形された補聴器の使用テストを行いました。

テスト中、補聴器は効率的な抗菌幕活性を示し、補聴器の表面での細菌の増殖を抑制しました。
補聴器の薬物放出特性を調べると、シプロフロキサシンとフルオシノロンアセトニドの両方の放出を7日以上持続し、その後も継続することが観察されました。

一般的に、耳炎または耳の炎症は、1〜2週間の薬理学的治療を必要とします。

抗菌特性を持つ補聴器があると、補聴器を使いながら炎症の治療が出来そうですね。

研究論文は、ScienceDirectジャーナルに掲載されています。
“Anti-biofilm multi drug-loaded 3D printed hearing aids”

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座