HOME >>  3Dプリンター > 【第1回・デザイン編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る

【第1回・デザイン編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る

iPhoneケースを3Dプリンターで作る

 

3DCADで身の回りのものを作る連載シリーズ。
今回は、にゃんこ模様のiPhone5のケース「NyaiPhone」がテーマです。
データ共有サイトから落としたデータを加工するのではなく、iPhoneのサイズを測ってゼロから作ります。

まずはデジタルノギスで、各部のサイズを測ります。

デジタルノギスでの測定

iPhone5の横幅は58.6mmなので、外装の厚みを1.8mm、クリアランスを3Dプリンター向けに0.2mmに設定。そうするとケース本体の横幅は62.6mmとなります。

あとは、カメラ・音量調整・スピーカーなど各部逃げの細かいサイズをはかり、外装の厚さを考慮した設計図を作りました。

少し分かりづらいと思いますが、ケースをはめるための「つめ」も設計図に入っています。

iPhoneケースの設計

デザインは、うちの黒猫がリンゴを取ろうとしているモチーフです。

次回はこれを3Dデータにしてみますね  =^__^=

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス