HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 3Dプリンターが医療でも活躍?! 顔を取り戻した男の話。

3Dプリンターが医療でも活躍?! 顔を取り戻した男の話。

3Dプリンターの義顔 義肢

海外では医療の分野でも、3Dプリンターの活用が進んでいるようです。

Eric Mogerさんは、4年前に顔に出来た腫瘍を摘出したことで顔の左半分を永久に失いました。 顔を失ったことにより、食事は胃に繋がったチューブ越しとなってしまったのです。

しかし、3Dプリンターを使った義顔により、自分の口から食事出来るようになりました。

義顔の制作をおこなったAndrew Dawood医師は、今度シリコンを素材に使った3Dプリンターでの 義肢の制作を行うそうです。

 

3Dプリンターの義顔

 

この事例をみていると夢が膨らみます。 今後、IPS細胞などの技術も進むと、細胞由来の素材を使った新しい産業が生まれそうですね。

 

↓海外の動画ニュースでも詳しく伝えられています。

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス