HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 2016年には高性能3Dプリンターは2000ドル以下に。でも、普及には疑問??」

2016年には高性能3Dプリンターは2000ドル以下に。でも、普及には疑問??」

現在アメリカのベンチャー企業を中心に3Dプリンターの開発がかなりのスピードで進んでいますよね。 この感じだと、3Dプリンターが普及段階に入るのはそうそう遠いことでは無いかもしれません。

ガートナーが2013年3月26日に発表したレポートによると、エンタープライズ・クラスの(企業向けの)3Dプリンタが「2016年までには2,000ドル以下で買えるようになる」と予測しています。

ガートナーのレポートのポイントはこんな感じです

 

人間の想像力が実現を後押しする

未来的なアイデア――例えば小惑星や月に設置して宇宙船や月面基地の部品を製造するといったもの――が紹介されることで、 多くの人々は数年のうちにそうしたことが可能になると考えている。

 

すでに多分野で顧客ニーズにさらされている

すでに、医療から消費財までの幅広いメーカーで活用されている。 その結果、3Dプリンタの開発企業はさまざまな顧客の要求にさらされており技術が進化している。

 

Eコーマスのような根本的な変化が起こる

3Dプリンティングが商取引の進め方を根本的に変える可能性を持っている。 企業が試作品や建築モデルを非常に簡単に作成できるようになる。時には顧客が、3Dプリントで製造された最終製品を購入するようなケースもあるだろう。

 

人々の期待が高まり、実例から技術が進歩し、ビジネスが変わるという話ですね。 3年後には、いまでは高くて手のでないハイエンド機も20万円以下で買えるんでしょうかねー

しかし、ビジネスに変化をもたらすにはまだ要素が足りない感じがします。

中小企業なんかが普通のプリンターの横に3Dプリンター置くイメージが付かないですね。。。

そいう企業が3Dプリンターを置きたくなるようなビジネスの誕生が必要でしょうか〜

例えば、
プロ級のデザイナーが活用出来るマーケットプレイスなど、ビジネスプラットフォームも登場してくる必要がありそうですね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス