HOME >>  3Dプリンター > 3Dシステムズ > 老舗メーカーが、低価格3Dプリンターを日本でも出しちゃう!

老舗メーカーが、低価格3Dプリンターを日本でも出しちゃう!

3Dシステムズ 低価格モデル

新興企業を中心に展開されている低価格の3Dプリンターですが、日本にも老舗企業の低価格機が本格投入されます。

5月に企業向けの老舗メーカー「3Dシステムズ」が今までで最も安い15万円前後の機種を日本国内でも販売するそうです。

「3Dシステムズ」は、企業向けの3Dプリンター市場では、ストラタシスとともに2強と言われているメーカーなので、品質にも期待がもてますね。

今回日本での発売を決めたのは、小型3Dプリンターの「CUBE(キューブ)」

スペックは以前書いた「買う前の参考に!低価格3Dプリンターの比較」に掲載していますが、積層式でプリント面積は14×14×14cm、解像度は0.2mmと性能的には標準的ですね。

wifi環境で使えたり、デザインも洗練されているなどベンチャーが作ったものと比べると安心材料があります。

 

世界で始まる3Dプリンターメーカーの競争激化。

 

以前ガートナーが2016年には企業向けのハイエンド3Dプリンターが20万円以下になると発表していました。

「3Dシステムズ」のような大手企業の低価格モデルへの参入や、日本企業も相次いで参入する見通しを聞くと、ガートナーの予想が現実になりそうですね。

しかし、3Dプリンターいつ買うが迷う所ですが、これから「メーカーズ」を目指す人はしばらく静観するのがいいかも知れないですね。

2年ぐらいたつとハイエンド機が劇的に下がっているかもしれません!

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス