HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 医療 > 3Dプリンターで作る、自分の手のように動かせる義手を電通大が開発

3Dプリンターで作る、自分の手のように動かせる義手を電通大が開発

筋肉の出す電気信号により、自分の手のように動かせる「筋電義手」を電気通信大学の研究チーム(横井研究室)が開発したそうです。
さらに、3Dプリンターを使い、個人に合ったサイズの義手を作ることができます。

筋電義手とは、指を動かすときに脳から腕に伝わる電気信号をセンサーがキャッチ、モーターを動かすタイプの新しい義手です。従来の義手とは違い、手を開いたり閉じたりなど、使用者の意図に合わせた動作ができるようになります。

 

電通大が、3Dプリンターで作った筋電義手で手を開いた入り閉じたりする

出典:横井研究室が公表している動画より

今回、電通大チームが開発した義手はパーツ作成に3Dプリンターを使用。
24時間で、オーダーメイドの義手を作ることが出来るとのこと。

従来の義手と違い、手首や指を繊細に動かせるため

積み木を積んだり、ドアノブを回したり、ボールを投げたり。
日常的な動作ができるよう、中指と人差し指だけで1キログラムの物を持ち上げられるそうです。

以下出典:横井研究室が公表している動画より

電通大が、3Dプリンターで作った筋電義手でドアを開ける 電通大が、3Dプリンターで作った筋電義手で積み木を積む 電通大が、3Dプリンターで作った筋電義手でペットボトルを掴む 電通大が、3Dプリンターで作った筋電義手でスマホを掴む 電通大が、3Dプリンターで作った子供用の筋電義手

3Dプリンターを使うことで、子供向けの大きさも作りやすく
幼少期から筋電義手の操作になれることも出来ます。

製品化は電通大発のベンチャー企業Meltinが、2015年中を目指して進めているそうです。

3Dプリンターは、オーダーメイドに応えられるので医療利用は向いています。
国内では構想レベルのものが多かったですが、
そろそろ、製品になるものが出てきましたね〜

メーカーのサイト
Meltin

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座