HOME >>  メーカーズニュース > 3Dプリンターとセンサーで、人類が向上する未来の靴!

3Dプリンターとセンサーで、人類が向上する未来の靴!

ADAPTIV from SOLS on Vimeo.

SOLSは、3Dプリントされた中敷きなど、次世代の履物を追求しているベンチャー。
足の1000箇所の測定値から、3Dプリンターでオーダーメイドする中敷きを作り注目を集めている企業です。

そんなSOLSがバレンタインデーに発表した、未来の靴のコンセプトがとってもSFチックで面白かったので共有したいと思います。

それは、中敷きだけでなく、靴全体が人間の活動をサポートしてくれるコンセプトモデル「ADAPTIV」です。

足全体と足首の写真から、足にフィットする3Dデータを作ります

足全体と足首の写真から、足にフィットする3Dデータを作ります

ジャイロや圧力センサーを備え、内側は3Dプリントされたシリコン製。 3Dプリントされたソールの底は、シリコンエアバックでできています。 外装は形状記憶ゴム製で、可変に対応するようです。

ジャイロや圧力センサーを備え、内側は3Dプリントされたシリコン製。
3Dプリントされたソールの底は、シリコンエアバックでできています。
外装は形状記憶ゴム製で、可変に対応するようです。

ADPTIVは、内外の圧力や角度により、靴自体が変化するコンセプトです

ADPTIVは、内外の圧力や角度により、靴自体が変化するコンセプトです

ADPTIVはより早く走ることをサポートします

ADPTIVはより早く走ることをサポートします

ADPTIVを履くことで、より高くジャンプすることができます。

ADPTIVを履くことで、より高くジャンプすることができます。

 
靴全体がジャイロや衝撃系のセンサーと、形状記憶ゴムにより可変する構想のようです。
アスリートのランニングスピードや、ハイジャンプがサポートされます。

「ADPTIV」は、本当にアスリートの能力を向上させることを目指しており、何だかとってもSFな感じですね〜

日本の3Dプリンター活用は、試作を早めるラピッドプロトタイピングが多いですよね。
しかし、3Dプリンターにもは、もっと色々な可能性があると思います。

「ADAPTIV」のように、3Dプリントじゃないと出来ない発想は、とても参考になりますね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス