立方体の使い方:Fusion360

Fusion360の「立方体」は、平面を選択し立方体を作るコマンドです。

まず、Fusion360の「作成」メニューから、「立方体」コマンドを選択し立方体を配置する平面を選択します。
そして、長さ、幅、高さを入力します。

立方体を描画する平面を選ぶ

立方体を描画する平面を選ぶ

数値入力で立方体の大きさを決める。矢印を動かしても大きさは変えられる

数値入力で立方体の大きさを決める。矢印を動かしても大きさは変えられる

 

<立方体の入力項目>
配置:直方体を配置する面を選択します。
長さ:直方体の長さを決めます。
幅:直方体の幅を決めます。
高さ:直方体の高さを決めます。
操作:作成する直方体の属性を決めてブーリアン演算を行います。

 

立方体だけで、ペンたてを作ってみる。

立方体を作るだけだとかなりシンプルな機能ですが、Fusion360だとブーリアン演算を組み合わせることで、こんなペンたてを作ることができます。

立方体だけで、ペンたてを作った

立方体だけで、ペンたてを作った

 

入力パネルの「操作」部分を選択することで、ブーリアン演算が行われ、結果が以下のように変わります。

<Fusion360立方体の操作コマンド>

・結合:立方体同士が合体する。(和)
・切り取り:新しい立方体によって、もともとあった立方体が削られる。(差)
・交差:立方体同士が交差している部分が残る。(積)
・新規ボディ:新規のボディが作られる。ブラザを見るとボディが増えている。

cube05

立方体を結合する

cube04

立方体を切り取る

cube06

立方体を交差する

cube07

立方体を新規ボディにする

 

今回は、主に「切り取り」を使ってペンたてを作ってみました。
まずは、適当な大きさの立方体を作ります。

これを器のようにするには、3DCADだとシェルというコマンドを使うことが多いのですが
今回は以下のように立方体で行ってみます。

まず、作業面を立方体の上面にします。

適当な大きさの立方体を作る

適当な大きさの立方体を作る

作業面を立方体の上面にする

作業面を立方体の上面にして、操作で「切り取り」を選択

 

さらに、側面を作業面に選んでどんどん「切り取り」していくことで、あるていど複雑な柄を作ることもできます。

こんな感じでFusion360の立方体コマンドだけで、モダンなデザインのペンたてができました!

Fusion360の作業面で側面を選んで、「切り取り」で柄を作る

作業面で側面を選んで、「切り取り」でくり抜くことで柄を作ることが出来る

どんどん穴をあけていくと

「切り取り」でどんどん穴をあけていきます。根気のいる作業ですね。。

こんな感じで、直方体のコマンドだけである程度の形が作れてしまします

こんな感じで、直方体のコマンドだけである程度の形が作れてしまします

 

さらに、統合を使って積み足していくこともできます

さらに、「統合」を使って積み足していくことで、より本格的な形状にもできます

いい感じのペンたてが立方体だけで出来ました

いい感じのペンたてが立方体だけで出来ました

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ