回転の使い方:Fusion360

 

Fusion360の回転コマンド

Fusion360の回転コマンド

 

Fusion360の「回転」コマンドは、3DCADでも良く使うタイプの造形方法です。

まず、回転の元となるスケッチを作成します。

回転の元になるスケッチを描く

回転の元になるスケッチを描く

 

そして、作成>回転を選び、回転させるとこのような形ができます。
作れる形はとても多いので、「回転」は3DCADでは非常に良く使う造形方法です

Fusion360の回転で作ったモデル

Fusion360の回転で作ったモデル

 

<Fusion360・回転の入力項目>
プロファイル:回転の元になるスケッチを選ぶ
軸:回転の軸を選ぶ
タイプ
・角度:回転する角度を指定するタイプ
・終点:指定したフェイスや平面まで回転する
・完全:360度回転する
角度:回転する角度を入力する
方向:片側、両面、対称で回転方向を指定
操作:ブーリアン演算を指定

 

Fusion360でシャンパングラスを作る

Fusion360でシャンパングラスを作る

Fusion360でシャンパングラスを作る

 

Fusion360の「回転」コマンドを使って、シャンパングラスを作ってみます。

まず、グラスの元になるスケッチを作成。
回転させるので、片側だけを描きます。

回転の元になるスケッチは片側だけを描く

回転の元になるスケッチは片側だけを描く

 

「作成>回転」コマンドで、回転させるとシャンパングラスの元ができました。

 

スケッチを回転させて、シャンパングラスができた

スケッチを回転させて、シャンパングラスができた

 

シャンパンの液体部分を作る

グラスだけだとシャンパンの感じが出ないので、液体部分を作ります。

液体はグラスの形状を元に作ります。

まず、グラスのボディをコピーします。そして、液面のスケッチを描きます。

液面の元になるスケッチを描く

液面の元になるスケッチを描く

 

次に、「修正>ボディの分割」で、ボディをカットして液体の表面ができました。

 

スケッチでボディをカット

スケッチでボディをカット

曲面のあるボディができた

曲面のあるボディができた

 

レンダリングすると、綺麗なシャンパングラスになりました。

Fusion360のレンダリング機能は、被写界深度を使ってボケ足のある画像を作ることもできます。
そうすると、本当に写真のような画像になりますね。

Fusion360の被写界深度を使ったレンダリング

Fusion360の被写界深度を使ったレンダリング

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【入門】本格的なデザインを、レーザーカッターで作る

デジタルなものづくりを始めたい!でも、いきなり3Dは難しいという方に
レーザーカッターを使った入門セミナーをスタートします!

レーザーカッターは3Dプリンターと並び注目のデジタル加工機です。

イラストレーターでデータが作れるので敷居が低く
基本的な加工法をマスターすれば、本格的なデザインを作ることができます。


■デザイン性の高い製品をレーザーカッターで作る

1.入門者でも本格的なデザインを作りながら学べる。
2.イラストレーターが初めての人でも大丈夫。
3.詳細なマニュアルがあり、あとで復習もできる。


レーザーカッターのLS100 レーザー加工機の稼働シーン     詳細はこちらへ

  レーザーカッター入門セミナーの課題1 3DCAD講座入門の課題2 レーザーカッター入門セミナーの課題3 レーザーカッター入門セミナーの課題3

 

■開催日

 ・日程:2017年:3月25日・26日
 ・時間:13時〜18時半
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ