回転の使い方:Fusion360

 

Fusion360の回転コマンド

Fusion360の回転コマンド

 

Fusion360の「回転」コマンドは、3DCADでも良く使うタイプの造形方法です。

まず、回転の元となるスケッチを作成します。

回転の元になるスケッチを描く

回転の元になるスケッチを描く

 

そして、作成>回転を選び、回転させるとこのような形ができます。
作れる形はとても多いので、「回転」は3DCADでは非常に良く使う造形方法です

Fusion360の回転で作ったモデル

Fusion360の回転で作ったモデル

 

<Fusion360・回転の入力項目>
プロファイル:回転の元になるスケッチを選ぶ
軸:回転の軸を選ぶ
タイプ
・角度:回転する角度を指定するタイプ
・終点:指定したフェイスや平面まで回転する
・完全:360度回転する
角度:回転する角度を入力する
方向:片側、両面、対称で回転方向を指定
操作:ブーリアン演算を指定

 

Fusion360でシャンパングラスを作る

Fusion360でシャンパングラスを作る

Fusion360でシャンパングラスを作る

 

Fusion360の「回転」コマンドを使って、シャンパングラスを作ってみます。

まず、グラスの元になるスケッチを作成。
回転させるので、片側だけを描きます。

回転の元になるスケッチは片側だけを描く

回転の元になるスケッチは片側だけを描く

 

「作成>回転」コマンドで、回転させるとシャンパングラスの元ができました。

 

スケッチを回転させて、シャンパングラスができた

スケッチを回転させて、シャンパングラスができた

 

シャンパンの液体部分を作る

グラスだけだとシャンパンの感じが出ないので、液体部分を作ります。

液体はグラスの形状を元に作ります。

まず、グラスのボディをコピーします。そして、液面のスケッチを描きます。

液面の元になるスケッチを描く

液面の元になるスケッチを描く

 

次に、「修正>ボディの分割」で、ボディをカットして液体の表面ができました。

 

スケッチでボディをカット

スケッチでボディをカット

曲面のあるボディができた

曲面のあるボディができた

 

レンダリングすると、綺麗なシャンパングラスになりました。

Fusion360のレンダリング機能は、被写界深度を使ってボケ足のある画像を作ることもできます。
そうすると、本当に写真のような画像になりますね。

Fusion360の被写界深度を使ったレンダリング

Fusion360の被写界深度を使ったレンダリング

 

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス