HOME >>  3DCAD > イラレとFusion360で3Dロゴを作ろう

イラレとFusion360で3Dロゴを作ろう

Fusion360とイラストレーターで作った3Dロゴ

Fusion360とイラストレーターで作った3Dロゴ

2Dのデザインで使うイラストレーターと、無料でも使える3DCADのFusion360を組み合わせて
3Dロゴを作ってみました。

まず、イラストレーターで元になるロゴを作ります。
このままでも良いですが、もう少し変化が欲しいところ

そこで、ロゴマークの部分を3Dにします。

 

イラストレーターで作ったロゴデータ

イラストレーターで作ったロゴデータ

 

イラストレーターのデータをFusion360に読み込ませるのは簡単です。SVGかDXFに書き出して、「挿入」でFusion360に読み込ませます。

Fusion360にイラストレーターの線を読み込ませる

Fusion360にイラストレーターの線を読み込ませる

 

あとは、「押し出し」で立体化させるだけ。
さらに、ちょっと角が痛そうなので「面取り」を適用します。

あっという間に、ロゴマークを3D化できました。

押し出しで立体化する

押し出しで立体化する

 

そして、ロゴ素材として使うために、3Dモデルをレンダリングします。
まず、初期設定のレンダリングを適用するとこんな感じです。

これでいいのですが、素材として使うには背景が邪魔です。
環境の色を白にして完成です。

初期設定のレンダリング

初期設定のレンダリング

シーン設定で背景の色を白に

シーン設定で背景の色を白に

できた3Dを「イメージキャプチャ」で画像としてPNGで吐き出します。

最後はイラストレーターの作業です。

できた3D画像を元のロゴまで持っていくと、元のものよりかなりダイナミックな3Dロゴが完成!

3Dと元のロゴデータ

3Dと元のロゴデータ

 

さらに、レンダリングの時に素材を変えると
金属にしたり木材にしたりもできます。

ロゴサンプル v9 ロゴサンプル v8

 

イラストレーターと組み合わせることで
2Dのデザインに一味つけられる3DソフトとしてFusion360はとても便利です。

使い方もすごく簡単なので、是非やってみてください♪

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス