HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360でドラクエ風の3D武器を作る方法

Fusion360でドラクエ風の3D武器を作る方法

オノをFusion360のレンダリングでリアルに表現

オノをFusion360のレンダリングでリアルに表現

 

実質無料で使えるのに、高機能の3DCAD・Fusion360で
いろいろ作ってみるシリーズ

RPG編をスタートします。

3DCADは元々工業デザインを作るソフトのため、硬いモノしか作れないと思っている人もいます。そこで、今回はRPG的な武器「オノ」を作るのにチャンレンジしました。

RPG風の武器は、CGソフトが得意な分野と思われがちです。
しかし、Fusion360でいろいろな武器屋防具を作れば、ドラクエに出てくるような「武器の店」を開くのも夢ではないかも?!

ドラクエの武器屋
 出典:電撃オンラインより

 

Fusion360を使ってドラクエ風のオノを作る

まずは、オノの元になるスケッチを描いていきます。

オノは、つかの部分は部品をはめるのに寸法を入れますが、刃の部分はフリーハンドで適当に描いてみました。

Fusion360のスケッチで、オノの形を作っていきます。

Fusion360のスケッチで、オノの形を作っていきます。

 

続いて、スケッチをFusion360の「押し出し」で立体化してみます。
この時点で、オノな感じが溢れ出ていますが、刃を鋭利にするために「面取り」を適用します。

かなり切れそうな刃物になりました。

Fusion360の押し出しで、オノの刃を立体化

Fusion360の押し出しで、オノの刃を立体化

面取りで刃を鋭利にする

Fusion360の面取りで刃を鋭利にする。かなり切れそうな感じです。

 

さらに、今度はつかを作るために、スカルプトモードを使います。

これは、Fusion360でも特徴的な機能の一つで、Tスプラインという粘土をこねるようなモデリングが可能です。

スカルプトモードの「フォームを編集」を駆使して、こねこねしてくと
いい感じのつかが完成しました。

スカルプトモードで、粘土をこねるようなモデリング

スカルプトモードで、粘土をこねるようなモデリング

Fusion360のスカルプトモードで、いい感じのつかが出来た

Fusion360のスカルプトモードで、いい感じのつかが出来た

 

さらに、つかの部分に一工夫を施します。

Fusion360のスカルプトモードの押し出しで、つかの周りに面を作ります。

それをスカルプトの「プル」でつかに押し付けます。

そすると、つかに吸い付くカバーが完成しました。

 

スカルプトモードの「押し出し」でつかの周りに面を作る

スカルプトモードの「押し出し」でつかの周りに面を作る

スカルプトモードの「プル」を使って、つかに吸い付くモデルを作る

スカルプトモードの「プル」を使って、つかに吸い付くモデルを作る

 

続いて、RPGな雰囲気に欠かせない、レトロなレリーフを施します。

Fusion360のスケッチだと、こういう細かな模様は書けないので
イラストレーターで書いたものを、スケッチに貼り付けました。

Fusion360のスケッチに、イラストレーターで作ったデータを貼る

Fusion360のスケッチに、イラストレーターで作ったデータを貼る

3DCADなのに、いかにもPRGな飾りの完成

3DCADなのに、いかにもPRGな飾りの完成

 

レリーフもしっかり入って3DCADデータが完成しました。
続いて、Fusion360のレンダリングでリアルに表現してみました!

かなり、いろんな角度からみてもドラクエ風な感じになったような気がします。

3DCADでここまで出来るのは、なかなかでは

今後もFusion360で、武器や防具を作って「武器屋」のオープンを目指したいと思います。

 

オノをFusion360のレンダリングでリアルに表現

オノをFusion360のレンダリングでリアルに表現

Fusion360で作ったオノを下から見上げる

Fusion360で作ったオノを下から見上げる

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス