HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360で、ドラクエ風の「安物の剣」を作る方法をご紹介

Fusion360で、ドラクエ風の「安物の剣」を作る方法をご紹介

個人は無料で使える3DCAD・Fusion360で、RPG風の「武器屋」を開業するシリーズ。※

武器屋を開業するには、複数の武具を揃える必要があります。
ドラクエの武器屋の店頭をみると、武器や防具、ナイフから鋼の剣などいろいろな品揃えがありますよね。

今回はドラクエなどのRPGで、最初に買う「安物の剣」の作り方をご紹介します。

※ライセンス:年間$100,000以下の個人やスタートアップ、教育関係者は無償で利用できます。

ドラクエの武器屋の風景

ドラクエの武器屋の風景

出典:コンシューマーゲームファンはこちら

 

そこで、今回は主人公が最初に買う、「安物の剣」を作ってみたいと思います。

20Gぐらいの安物想定なので、刃物の素材は銅で、本体は木材で作っている想定にしてみました。

Fuson360のレンダリング機能で綺麗にする

 

刀剣の元になるスケッチを描こう

安物の剣なので、1回のスケッチで全てのアウトラインを描こうと思います。

まずは刀身を書いてみます。
シンプルな形なので、簡単ですね。

Fusion360のスケッチで刀身を描く

Fusion360のスケッチで刀身を描く

 

次は、持ち手の部分のスケッチを描きます。20Gぐらいで買える剣のため、構造も簡単です。

柄や持ち手の部分をFusion360のスケッチで描く

柄や持ち手の部分をFusion360のスケッチで描く

 

剣を立体化してみる

先ほど書いたスケッチを「押し出し」で立体化します。

まずは、刀身の部分です。14mmぐらいの厚さがいいかと思います。

押し出しのポイントは、方向を「対称」にすることです。原点を中心にするもモデリングを心がけます。

Fusion360で刀身を立体化

Fusion360で刀身を立体化

 

続いて、柄の部分ですが飾りとして段差をつけるため
2回に分けて「押し出し」を適用します。

Fusion360で柄を作る Fusion360で柄を作る

最後は持ち手の部分です。
ここも縁の部分と段差をつけるため、2回に分けて「押し出し」をします。

Fusion360で持ち手を押し出す

Fusion360で持ち手を押し出す

 

刀剣の基本的な形ができたので、最後は「面取り」と「フィレット」を使って仕上げをします。

刀身の部分に「刃」をつけるため、「面取り」を適用します。

これで、切れる刃物になりました。
ただ、安物なので、鋭利じゃなく叩きつける感じの刃物です。

Fuson360の面取りで、刀身に刃をつける

Fuson360の面取りで、刀身に刃をつける

つぎに、柄にも飾り程度に「面取り」を適用。持ち手の部分は丸みをつけるため「フィレット」を適用します。

こんな感じで、刀剣の形ができました。

持ち手の部分にもFusion360の面取りを適用する

持ち手の部分にもFusion360の面取りを適用する

安物の剣の3DCADモデルが完成

安物の剣の3DCADモデルが完成

 

安物感を出すために素材を適用する

最後に安物感をつけるため、Fusion360の「外観」で素材を適用します。

刀身は、「銅」。

持ち手は「木材」です。

最後に、Fusion360のレンダリング機能で綺麗に見えるようにします。

これだと、しばらく使っていると壊れそうですね〜

Fusion360の外観で、素材を適用する

Fusion360の外観で、素材を適用する

Fuson360のレンダリング機能で綺麗にする

Fuson360のレンダリング機能で綺麗にする

 

今回は、極めてシンプルなコマンドで、やっすい剣を作りました。次回は、もう少しいろいろな機能を使って、高めの剣を作ってみます。

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
■開催日

<週末開催>
 ・日程:2017年:6月10日(土)1日集中コース or 7月1日&2日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

<平日開催>
 ・日程:2017年:6月20日-21日 & 27日-28日 4日の平日コース
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ