HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】あの名作家具を、スマホスタンドとして作る方法

【Fusion360】あの名作家具を、スマホスタンドとして作る方法

人気の3DCAD・Fusion360を使って、雑貨を作ってみるシリーズ。

今回のテーマは、建築界の巨匠リートフェルトの名作「ジグザグチェア」です。

出典:カッシーナHP ジグザグチェア

出典:カッシーナHP ジグザグチェア

 

しかし、家具として作ると大きすぎて3Dプリントが難しくなります。

そこで、「ジグザグチェア」のデザインをほぼそのままにして、スマホスタンドにしてみます。
ただし、元が大きいだけに、Fusion360の便利機能でちょうど良い大きさにして見ます。

 

写真をちょうど良い大きさにする。

まずは、「ジグザグチェア」の写真を読み込みます。
そして、ブラウザを右クリックして「位置合わせ」のコマンドを選択します。

ブラウザから位置合わせを選ぶ

ブラウザから「位置合わせ」を選ぶ

写真の端っこぐらいをクリックして寸法を入力

写真の端っこぐらいをクリックして寸法を入力

 

続いて、写真の端っこぐらいをクリックすると、寸法を入れることができます。

これで、読み込んだ写真に寸法を与えることができました!

写真の大きさが決まったら、あとはFusion360のスケッチモードでトレースするだけです。
※写真よりも少し座面を傾けています。

ジグザグチェアをトレース

ジグザグチェアをトレース

「押し出し」で椅子を実体化させる

「押し出し」で椅子を実体化させる

 

あとは、スケッチを作成の「押し出し」で、椅子の形状に立体化します。

このままでも、良さそうですが念のため滑り止めをつけておきます。

横から見ると、傾斜がかなり付いているので、スマホが滑り落ちることはなさそうな。。

滑り止めをつける

滑り止めをつける

横から見ると傾斜がキツくなっている

横から見ると傾斜がキツくなっている

 

これで、Fusion360による「ジグザグチェア」のスマホスタンドが完成しました。

試しに、iPhone6のモデルを乗せてみましたが、ちょうど良さそうな大きさです♪

ジグザグチェアのスマホスタンドが完成

ジグザグチェアのスマホスタンドが完成

iPhone6を乗せてみた(前面)

iPhone6を乗せてみた(前面)

iPhone6を乗せてみた(背面)

iPhone6を乗せてみた(背面)

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。

本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

1.初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
2.「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマに
3.部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する


工業デザイン:サングラス

工業デザイン:サングラス

雑貨デザイン:ティッシュケース

雑貨デザイン:ティッシュケース

文房具デザイン:ボールペン

文房具デザイン:ボールペン

道具デザイン:オノ

道具デザイン:オノ
    詳細はこちらへ

  ■実際に稼働する部品を作ろう

機能のあるモノを作るには、モノの構造を理解してモデリングをする必要があります。
モノが動くための寸法や構造など、工業デザインやモノづくりで必要なスキルの習得を目指したカリキュラムです。

ヒンジの作り方を学ぶ

ヒンジの作り方を学ぶ

部品を組み合わせて動かす

部品を組み合わせて動かす

部品をジョイントさせる

部品をジョイントさせる

スクリューキャップの構造

スクリューキャップの構造
週末開催日

 ・日程:2017年:8月11日・12日 or 9月2日・3日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)



■平日開催日

 ・日程:2017年:8月22日・23日 or 9月19日・20日
 ・場所:メイカーズファクトリー(東京都荒川区南千住)

 
詳細はこちらへ