HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】あの名作家具を、スマホスタンドとして作る方法

【Fusion360】あの名作家具を、スマホスタンドとして作る方法

人気の3DCAD・Fusion360を使って、雑貨を作ってみるシリーズ。

今回のテーマは、建築界の巨匠リートフェルトの名作「ジグザグチェア」です。

出典:カッシーナHP ジグザグチェア

出典:カッシーナHP ジグザグチェア

 

しかし、家具として作ると大きすぎて3Dプリントが難しくなります。

そこで、「ジグザグチェア」のデザインをほぼそのままにして、スマホスタンドにしてみます。
ただし、元が大きいだけに、Fusion360の便利機能でちょうど良い大きさにして見ます。

 

写真をちょうど良い大きさにする。

まずは、「ジグザグチェア」の写真を読み込みます。
そして、ブラウザを右クリックして「位置合わせ」のコマンドを選択します。

ブラウザから位置合わせを選ぶ

ブラウザから「位置合わせ」を選ぶ

写真の端っこぐらいをクリックして寸法を入力

写真の端っこぐらいをクリックして寸法を入力

 

続いて、写真の端っこぐらいをクリックすると、寸法を入れることができます。

これで、読み込んだ写真に寸法を与えることができました!

写真の大きさが決まったら、あとはFusion360のスケッチモードでトレースするだけです。
※写真よりも少し座面を傾けています。

ジグザグチェアをトレース

ジグザグチェアをトレース

「押し出し」で椅子を実体化させる

「押し出し」で椅子を実体化させる

 

あとは、スケッチを作成の「押し出し」で、椅子の形状に立体化します。

このままでも、良さそうですが念のため滑り止めをつけておきます。

横から見ると、傾斜がかなり付いているので、スマホが滑り落ちることはなさそうな。。

滑り止めをつける

滑り止めをつける

横から見ると傾斜がキツくなっている

横から見ると傾斜がキツくなっている

 

これで、Fusion360による「ジグザグチェア」のスマホスタンドが完成しました。

試しに、iPhone6のモデルを乗せてみましたが、ちょうど良さそうな大きさです♪

ジグザグチェアのスマホスタンドが完成

ジグザグチェアのスマホスタンドが完成

iPhone6を乗せてみた(前面)

iPhone6を乗せてみた(前面)

iPhone6を乗せてみた(背面)

iPhone6を乗せてみた(背面)

 
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。

【Fusion360初級】はじめての3DCAD入門編

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360中級】プロダクトデザイン入門編

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
「プロダクトデザイン」レベルの審美性のある3Dモデルを作るための中級講座です。
3Dスケッチやサーフェイスを使ったモデリングに加えて、プレゼン力をあげるためのレンダリングやアニメーションも扱います。

  1. Fusion360の3Dスケッチとパッチで「審美性」のあるデザイン
  2. 複数の部品を集約したり、部品を稼働させる「設計」を学ぶ
  3. 高度なレンダリングと、部品を動かすアニメーション
  Fusion360中級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス