HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】部品の組合わせに必須!パラメーターで一気に寸法を変更

【Fusion360】部品の組合わせに必須!パラメーターで一気に寸法を変更

Fusion360には、業務用CADとして必要な機能が色々入っています。

その一つがパラメトリックタイプの3DCADとして使える「パラメーターの変更」機能です。

今回は「パラメーターを変更」で、複数の寸法を一気に変更する方法をご紹介します。

Fusion360のパラメトリック機能を使う

Fusion360のパラメトリック機能でクリアランスをコントロール

 

 

Fusion360のパラメトリック機能でクリアランスを調整

題材は、いろんな素材でブロックを作るケースです。
ブロックは部品同士の噛み合わせのため、クリアランス(隙間)を設定します。

ブロックでクリアランスを設定する

ブロックでクリアランスを設定する

 

このクリアランスは、素材の組み合わせや、使う加工機で変わってくるので
変更する事が多い部分です。

Fusion360はパラメトリックCADなので、クリアランスを一気に変更する方法があります。

まず、修正の「パラメーターを変更」呼び出します。

そして、「ユーザーパラメーター」を素材別に追加します。

金属用のクリアランスで-0.2mm、樹脂用のクリアランスで-0.1、木材用で0mmを設定しました。

Fusion360のパラメーターを変更を呼び出す

Fusion360のパラメーターを変更を呼び出す

ユーザーパラメーターを作成

ユーザーパラメーターを作成

 

Fusion360でクリアランスつけるには、「プレスプル」のコマンドが使えます。

金属ブロックのメスの部分に、先ほどのパラーメーターを使ってみます。

やり方は簡単で、プレスプルの距離の部分に、パラメーターの頭文字を入れると
設定したパラメーターをサジェストしてくれます。

これで、素材ごとにクリアランスを入れる事ができます。

金属ブロックの内側に0.2のクリアランスを設定したので
5mmのところが直径で5.4mmに広がっています。

プレスプルの寸法でユーザーパラメーターを設定

プレスプルの寸法でユーザーパラメーターを設定

金属用のクリアランスが0.4mm適用される

金属用のクリアランスが0.4mm適用される

 

 

さらに、切削など精度の高い加工機を使う場合は

クリアランスを調整する必要が出てきます。

調整は簡単で、修正の「パラメーターを変更」を再び呼び出し
「ユーザーパラメーター」を編集するだけです。

金属用のクリアランスを「-0.2」から「-0.1」に変更しました
これで、適用した場所が一気に変更されます。

計測で測定すると、先ほど「5.4mm」だった寸法が「5.2mm」に変わっています。

Fusion360のユーザーパラメーターを編集する

Fusion360のユーザーパラメーターを編集する

編集された結果が反映される

編集された結果が反映される

 

今回はクリアランスを取り扱いましたが
素材の厚さなど、一定の条件で可変しやすい設計には、「パラーメーターを変更」は必須の機能です。

あとは、レーザーカッターのクリアランス設定などにもすごく便利ですよ!

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。