HOME >>  3Dプリンター > 凸版印刷が、3Dプリンターを使った新規事業をスタート!

凸版印刷が、3Dプリンターを使った新規事業をスタート!

3Dプリンターの試作品

印刷会社大手の凸版印刷が、3Dプリンターを使った新事業をスタートするそうです。

3Dプリンターを使い、プラスティク容器・部材の試作サービスをおこないます。

このサービスによって、これまでの試作金型を使った模型作製よりも初期費用が約50分の一になるそうです。

 

凸版印刷では、この試作品作りサービスを食品やトイレタリー、医薬品業界などに提供する予定だとか。

記事を読んでもなかなか具体的な用途がイメージしづらいのですが、例えばプリンを入れるプラスチックのパッケージの試作なんかに使えそうですね~

プリンターは、インクジェット方式で解像度は0.015mmとかなり高精細なものが使われます。いわゆる低価格の3Dプリンターと比べると10倍ぐらいの性能ですね。

インクジェット方式のプリンターは、表面の仕上げもなめらかでいろいろな素材が使えるので試作には向いてますね。

 

▼インクジェット方式の特徴はこちらへ
https://makerslove.com/118.html#ink

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス