HOME >>  3Dプリンター > 3Dプリンター 低価格 > 国産で高性能の3Dプリンター「SCOOVO(スクーボ)」が発売

国産で高性能の3Dプリンター「SCOOVO(スクーボ)」が発売

SCOOVO(スクーボ) 日本製3Dプリンター

オープンキューブから7月8日に、日本製の低価格3Dプリンターが発表されました。3Dプリンターは海外製が大半なので、日本産は珍しいですね。

解像度は、0.1mmと熱溶解積層型の低価格プリンターとしては高いレベルです。ただ、プリント面積は狭めで17.5×15×15cmです。

販売価格は、18万9000円とのこと、実際の販売は7月29日から開始されます。

解像度は最高の目安なので、実際のスペック的には3Dシステムズ社のCubeに近いですね。
同じく日本製のホットプロシードのBlade-1よりもプリント面積が大きいのはいいですね。

 

その他の特徴としては、「SCOOVO(スクーボ)」は非加熱式ヘッドを採用しています。そのため、安全性は高まっていますが、材料はPLA(ポリ塩酸)に限定されています。

同型のプリンターの多くはABSに対応しているので、不満に感じる方もいると思います。しかし、低価格プリンターで積層するABSは非常に歪みやすく、PLAの方が多く使われるので

あまり問題は無いと思います。

 

海外製のプリンターが大半な中、オープンキューブは国内の技術者が開発し、生産も国内とのこと。

現在の3Dプリンターは、かなり壊れやすく素材のフィラメントも専用の物が必要なので、国産にも頑張ってほしいですね~

各社の3Dプリンターの比較はこちらをご覧ください。

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座