HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > 【Fusion360】合体ロボで学ぶ!分解アニメーション

【Fusion360】合体ロボで学ぶ!分解アニメーション

3DCADのFusion360のアニメーションは、3Dモデルを分解して見せることが出来る機能です。

通常のCADだと難しい機能ですが、Fusion360のアニメーションモードを使うと、数ステップで実現することができます。

今回は、合体ロボットのモデルを例にして、アニメーション機能のご紹介をします。

合体ロボの3Dモデル

合体ロボの3Dモデル

まず、アニメーションを行うに当たって最初に行うのが、3Dモデルを「コンポーネント」にすることです。

そして、コンポーネントを「アセンブリ」と、その子供になる「サブアセンブリ」に分けます。
このロボットだと、例えば右腕という名前の「アセンブリ」の中に、腕の上下と軸の3つのサブアセンブリがあることになります。

アセンブリの構造

アセンブリとサブアセンブリ

アニメーションを設定するので、モードを「アニメーション」に切り替えます。

アニメーションに切り替えると、メニューがガラッと変わりますね。下にあるのがタイムラインで、作成したアニメーションはここに記録されます。

 

Fusion360アニメーションモード Fusion360アニメーションモード

今回は、「自動分解:レベル1」、「自動分解:全てのレベル」、「手動分解」の3つのアニメーションをやってみました。

自動分解のアニメーションは、コンポーネントを選んで適用するだけの1ステップなので
とても簡単ですよ。

 

3種類の分解機能

3種類の分解機能

まず、「自動分解レベル1」は、アセンブリに対して適用される分解です。

これだと、軸のパーツなどのサブアセンブリは分解されませんね。パーツをユニットごとに分解した場合になどに使えそうです。

自動分解レベル1を適用

自動分解レベル1を適用

さらに、「自動分解:全てのレベル」を適用してみると、サブアセンブリも分解して全部がバラバラになりました。

しかし、自動分解の2つの機能だと、分解の起点が自動で決まるようで
あまり意図した感じにはなりませんでした。

自動分解:全てのレベルを適用

自動分解:全てのレベルを適用

 

そこで、「手動分解」で、パーツをアセンブリごとに設定すると、いい感じになりました。

分解のアニメーションは「パブリッシュ」ボタンで、動画に吐き出すことができます。
ついでに、分解の動画を貼り付けておきます。

手動分解を適用

手動分解を適用

Fusion360の分解機能は、自動はかなり楽でしたが、起点を決めるところが無いのがネックですかね。
もしかしたら、機能的には存在するかもしれないですが、見当たりません。。。

自分が見せたい分解を行うのは「手動分解」が良さそうです。

 

合体ロボにポーズをつける

合体ロボにポーズをつける

ポーズをつけて自動分解

ポーズをつけて自動分解

合体ロボットは、関節をジョイントで動かせるようにしてあるので
ポーズをつけた状態で、「手動分解」を設定してみました。

これは、結構面白いですねー

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。