HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360でグラデーション模様のジュエリーを作る方法

Fusion360でグラデーション模様のジュエリーを作る方法

Fusion360でグラデーションの質感をつける

Fusion360でグラデーションの質感をつける

Fusion360のレンダリングでは、様々な素材を使うことができます。

しかし、標準で用意されている外観素材には「グラデーション」を表現するものはありません。

そこで、こんな感じのクラシックデザインのジュエリーを作り

イラストレーターも使ってグラデーションを表現する方法を考えて見ました。

 

パッチで蝶々型のジュエリーを作る

最初に、蝶々型のジュエリーのモデルを作る方法を紹介します。

モデルの形状は、アール・ヌーボーで有名なバタフライジュエリーをお手本にしています。
ただ、記憶で適当に作ってるので、形はやや違うかもしれません。

※筆者は工業デザイナーですが、ジュエリーは作ってないので宝石の留め具部分などは超適当です。

まずは、こんな感じの蝶々をスケッチで書きます。

蝶々の型のスケッチ

蝶々の型のスケッチ

厚みがあるバタフライ模様を、スケッチで描くには大変そうなので外側だけを描いてモデリングの元とします。

次に、このスケッチをパッチの「押し出し」で面にしていきます。

そして、パッチの「厚み」で面に肉厚を与えます。

パッチの押し出しを適用する

パッチの押し出しを適用する

パッチの押し出しを適用する

パッチの押し出しを適用する

パッチの厚みをつける

パッチの厚みをつける

 

いくつか宝石的なモデルも必要ですが、ここはそれっぽい物を3Dスケッチで作成しました。

あとは、羽や頭の先に触覚的なあしらいをつけると、アール・デコ調の蝶々型のジュエリーを作ることができました。

宝石の元になる3Dスケッチを描く

宝石の元になる3Dスケッチを描く

パッチで面を貼りダイヤ型にする

パッチで面を貼りダイヤ型にする

 

Fusion360でグラデーションを表現する

今回は、このモデルでグラデーションを表現します。

まず、蝶の羽の部分に透明ガラスの素材を適用します。

蝶の羽にガラスの素材を適用する

蝶の羽にガラスの素材を適用する

蝶の羽にガラスの素材を適用する

蝶の羽にガラスの素材を適用する

Fusion360の外観では、色の変更や、素材の画像、素材の質感、透明度などを設定することができます。

グラデーションを表現するには、外観素材を編集しても可能ですが
今回はもっと簡単そうな「デカール」を使うことにしました。

「デカール」は、シールを貼るような感じで、モデルに装飾を追加することができるコマンドです。外観素材のさらに上に重ねることができます。

グラデーション用の素材を作るソフトは色々ありますが、今回はイラストレーターを使います。

イラストレーターのグラデーション機能でこんな感じの素材を作りました。

イラストレーターで素材を作る

イラストレーターで素材を作る

できた素材をPNG画像として書き出すと、Fusion360のデカールで使用することができます。

ただし、貼り付ける時には透明度を下げる必要があります。

今回の作例では、透明度を50%にしています。

透明度を50%にする

デカールで素材を貼り付けて透明度を50%にする

デカールで素材を貼り付ける

素材が張り付いた

 

デコレーション作業が終わったので、レンダリングをしてみると
羽の面にグラデーションがついた感じの表現ができています。

グラデーションがつく

グラデーションがつく

グラデーションは、外観素材のイメージでもできますが
割とコントロール設定が難しいのでデカールだと気軽にできますね。

 

アクセサリーのモデルが完成

アクセサリーのモデルが完成

モデルをレンダリングする

モデルをレンダリングする

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。