HOME >>  Fusion360(フュージョン360) > Fusion360 チュートリアル > Fusion360 シートメタル > 【Fusion360リクエスト】伸び縮みする!巻尺をシートメタルで作る方法

【Fusion360リクエスト】伸び縮みする!巻尺をシートメタルで作る方法

Fusion360のシートメタルで作った穴あき巻尺

Fusion360のシートメタルで作った穴あき巻尺

メーカーズラブを見ている方から「巻尺みたいな形を作って、真っ直ぐにしたい」「さらに、巻尺の長さを200mmにしたい」というリクエストをいただきました。

一瞬、それはCGじゃないと無理じゃないかと思いましたが
そういえばFusion360の「シートメタル機能」を使えば出来そうな気がしました。。

 

そこで、今回は「シートメタル」を使って、巻尺の様な形状を作る方法をご紹介。最後に寸法も入れてみます。

ちなみに、シートメタルとは、薄板を折り曲げて箱なんかを作る「板金加工」と言われている製造方法です。

「板金加工」は、平らな板を使うので、3Dデータを2次元に展開するのが必須となります。

Fusion360のシートメタルで作った金具

例:板金の金具

 

 

巻尺の形をシートメタルで作って、伸び縮みさせる!

まずは、巻尺の元になるスケッチを書きます。

スケッチが描けたら、モードを「シートメタル」に切り替えます。

 

巻尺のスケッチを書く

巻尺のスケッチを書く

モードをシートメタルに切り替える

モードをシートメタルに切り替える

 

次に作成の「フランジ」で、距離10mmの高さを与えます。

「フランジ」は「押し出し」にちょっと似ていますが、スケッチを板状に整形することができます。素材の厚さはデフォルトの2.5mmになると思います。

作成のフランジで距離10ミリの高さを与える

作成のフランジで距離10ミリの高さを与える

これで、巻尺っぽい形ができましたが、今回のリクエストでは、これを真っ直ぐにする必要があります。

真っ直ぐにするには、修正の「展開」を使いますが、展開するには真っ直ぐな部分を
あらかじめ用意するのが必須です。

そこで、巻尺の先端を「押し出し」して、真っ直ぐな部分を作ります。

巻尺の端っこの面に押し出してを適応する

巻尺の端っこの面に押し出してを適応する

続けて、修正の「展開」を選んで、「固定エンティティ」は真っ直ぐな箇所を選びます。
そして、伸ばしたい部分で「曲げ」を選択。さらに、「すべての曲げを展開」のオプションを有効にしましょう。

展開を選ぶ

修正の展開を選ぶ

固定エンティティと曲げを選択

固定エンティティと曲げを選択

こうすると、巻尺が展開されて真っ直ぐな板になります。

ちなみに平面ができると、ここにスケッチを書くことが可能となります。

適当なスケッチを描いてみます。今回は、円をたくさん描いてみました。

 

板状に伸びるので、伸びた面にスケッチを作成する

板状に伸びるので、伸びた面にスケッチを作成する

円をたくさん書く

円をたくさん書く

そして、円を「押し出し」て、板をくり抜きます。

画面の右上にある「面を再度折り曲げ」を選ぶと
穴の空いた巻尺的な形が完成です。

円を押し出してくり抜く

円を押し出してくり抜く

面を再度折り曲げを選ぶ

面を再度折り曲げを選ぶ

穴あきの巻尺の完成

穴あきの巻尺の完成

 

 

巻尺に寸法を指定する

あとは、巻尺の寸法を200mmちょうどにしたいと思います。

まず、巻尺を展開した状態に戻して、サイズを測ってみると「257.898mm」となっています。そこで、押し出しで「57.898mm」切り取ると、板の長さはちょうど200mmになりました。

展開してサイズを測ると「257.898mm」

展開してサイズを測ると「257.898mm」

押し出しで「57.898mm」切り取る

押し出しで「57.898mm」切り取る

最後に、展開した形状を元に戻すと、巻尺の長さが200mmになりました。

※ちなみに、板金は素材を曲げるため、曲げ加工をした巻尺の内径と外径は厳密には200mmではありません。

 

サイズを測るとちょうど200ミリとなる

サイズを測るとちょうど200ミリ

再度曲げると、サイズが200ミリで曲がる

再度曲げると、サイズが200ミリで曲がる

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座
執筆者のご紹介
佐々木 康友 佐々木 康友
メイカーズファクトリー 代表取締役

プロダクト&グラフィックデザイナー /WEBコンサルタント
株式会社メイカーズファクトリーCEO
広告グラフィックのデザインからWEBのマーケティング戦略立案、企業の商品開発のコンサルティングまで幅広い業務を経験。 MacBook Airじゃない方のMBAホルダー。