HOME >>  メーカーズニュース > 3Dデジタル金型での医療用肝臓モデルが販売開始!

3Dデジタル金型での医療用肝臓モデルが販売開始!

ストラタシスの PolyJet3Dプリンタで造型された血管は、DICOMデータに即し、 さらにニーズに応じて硬さや色を変えて再現することも可能。

ストラタシスのPolyJet3Dプリンタで造型された血管は、DICOMデータに即し、
さらにニーズに応じて硬さや色を変えて再現することも可能。

伊那食品工業、ストラタシス・ジャパンスワニー、丸紅情報システムズは、
3Dプリント樹脂型「デジタルモールド」による医療シミュレーション用臓器モデルの販売を開始しました。

これは、手術の技術習得のための練習モデルで、天然素材でリアルな臓器が再現されています。

モデルの作成プロセスでは、スワニーが臓器の3Dデータをもとにフルカラー&マルチマテリアル3Dプリンター「Stratasys J750」を用いて樹脂型と臓器内の血管モデルを造形し、型内に伊那食品工業が開発した植物由来ゲル素材を流し込むことで臓器の複雑な立体形状が再現されます。

水分を含み、実際の臓器を忠実に再現した色調や質感を持つモデルを製作します

デジタルモールドで、水分を含み、実際の臓器を忠実に再現した色調や質感を持つモデルを製作します

デジタルモールド、植物由来の材料の開発力、高機能材料の造形が可能な3Dプリンターが連携することで、水分も含み実物に近い医療シミュレーション用の臓器モデルが実現されました。

医療分野における手術手技の練習には、動物の臓器や樹脂やフィルムでできた簡易模型が用いられていますが、動物の臓器には調達に要する時間、管理、および使用後の材料の廃棄問題や動物愛護の観点からも課題があり、また簡易模型では十分な技術習得には不十分であるといった問題が存在しているそうです。

まず第一弾として肝臓モデルの販売を開始します(標準価格;税抜9万円)。
今後は、他の臓器についても開発を進めリリースしていく計画とし、3年間で5億円の売上を目指すそうです。

3Dプリントした樹脂型によるデジタルモールドは、金型に変わる生産手段として注目されています。今回の練習用臓器は、素材も柔らかいので樹脂型にはマッチしてそうですね。

 

<製品に関するお問い合わせ>
丸紅情報システムズ株式会社
デジタルITソリューション事業本部 モバイル&ヘルスケアソリューション部
TEL:03-4243-4560

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座