HOME >>  3Dプリンター > 【第2回・CAD編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る

【第2回・CAD編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る

iPhoneケースの設計

前回の「【第一回・デザイン編】にゃんこ模様のiPhoneケースをゼロから作る」でデザインと寸法を決めましたが、第二回は実際に CADのデータを作ってみます。

ちなみに、iPhoneケースはCADのモデリングとしてはシンプルでかなり簡単です。モデリング自体は1時間もあれば出来てしまいますよ。

 

まず、基本形となるソリッドを作成します。

そしてシェル化で、中身がくり抜かれたケースのベースが出来ます。

iPhoneケース ソリッドの作成 iPhoneケース シェル化

次に、iPhoneのスピーカーや音量調整の部分の逃げを作っていきます。

このへんは、彫刻のように削る大きさのソリッドを作って、ブーリアン演算の差で、どんどん削っていくだけなので簡単ですよ。

ブーリアン演算はCADでは非常によく使う処理です。自分の思った形を作るために、完成系をイメージしながら、削るためのパーツを作る感じですね。

iPhoneケース ブーリアン演算iPhoneケース 逃げを作る

iPhone 5ケース ベースが完成

 

そんな感じで、iPhone5ケースの基本形は完成しました〜

 

あとは、シルエットなどの模様を付けてみます。

シルエットは、illustratorで作成したものをEPSにしてCADにもって来る事ができます。

CADにオリジナルの模様を付ける 模様を立体化

つぎに、持って来たシルエットをソリッド化。これを使ってにゃんこ型をくり抜きました。

しかし、くり抜いたあとに気づきましたが、そういえば「P」や「a」などの文字はくり抜くと中空部分が出来てしまいますね。。。
くり抜きは止めて押し出しにしようかと思いましたが、3Dプリントを考慮してこのまま続けることにしました。

iPhone5ケースを Rhinocerosで作る Rhinocerosでテキストを刻印

 

ここまでで基本的な形は完成したので、あとは仕上げです。
ケースの角の部分をフィレットで丸めていきます。

フェレットもCADでは非常によく使うコマンドです。角を丸めていくことで、製品のデザイン性や使用感の向上を図ることが出来ます。

ただし、フィレットを行うとソリッドの構造が複雑になり、後で直すのが難しくなります。
なので、角を丸める処理を行うのは最終行程です。

iPhone5ケースでRhinocerosによりフィレットを適用 iPhone5ケースでRhinocerosにより角を丸めていく

最後に、念のためスイッチ類の逃げがちゃんと合っているかを、iPhone5のデータを使って検証。
iPhoneのような有名な製品だと、誰かがデータを作っているので検証は楽ですね♪

図面通りに作ったはずなので、特に問題はなさそうです。

iPhone5のデータを使い実際にスイッチなどに当たらないかを検証 iPhone5のデータを使い実際にスイッチなどに当たらないかを検証

 

というわけで、モデリング開始から1時間あまり、にゃんこ模様のiPhone 5ケースが完成しました!

次回は実際にこのデータをプリントしてみます。

オリジナルiPhone5ケース、NyaiPhoneが完成しました

 

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス