HOME >>  メーカーズニュース > Fusion360で謎の現象?!スケッチでエッジを拾わなくなった対策

Fusion360で謎の現象?!スケッチでエッジを拾わなくなった対策

Fusion360で、よく聞かれるようになった謎の現象「スケッチを描いてる時に、エッジを拾わなくなった」ことへの対策をご紹介します。

最近のバージョンアップで、「参照された自動投影エッジ」という設定が、デフォルトで外れたのが原因です。これは、「スケッチを描いてる時に参照したエッジを、作業面に自動的に投影(プロジェクト)する」という意味です。

なんのこっちゃ?
という声が聞こえてくるので具体例で説明します。

レールを使ったロフトで、この動画で紹介しているボトルを作る時です。この場合レールはプロファイルに接している必要があります。

 

まず、プロファイルで楕円と長方形を書きます。楕円は、中心線が十字に入るので両端に点が生成されています。しかし、長方形は両端には点がありません。

そうなると、長方形の端にはスケッチがフィットしなくなります。

長方形は両端に点がない

長方形は両端に点がない

長方形には点がないからフィットしない

長方形には点がないからフィットしない

 

この状態で、レールを描いてロフトをしても、レールとプロファイルが接してないよ?!というレラーが出来てきます。

でも、今までは出来てたよ?って人が多いと思います。
それは、最近まで「参照された自動投影エッジ」の設定がデフォルトだったからです。

プロファイルとレールが接しない

プロファイルとレールが接しない

レールがプロファイルと接してないというエラーが出る

レールがプロファイルと接してないというエラーが出る

 

なので、基本設定>デザインから「参照された自動投影エッジ」にチェックを入れて「適用」しましょう。(適用後にスケッチを一旦完了してください。)

基本設定を選ぶ

基本設定を選ぶ

参照された自動投影エッジを有効化する

参照された自動投影エッジを有効化する

 

これで、長方形の部分にもフィットしたレールを書くことが出来ます。

一応理屈的には、現在スケッチを描いてる作業面に、参照した線や点を自動的にプロジェクトしてくれるのでレールを書くことが出来ます。

コレで、無事にロフトが出来ました。

Fusion360はかなりバージョンアップが多いソフトですが、たまにコレは変えなくていいのではという変更もありますね。

レールとプロファイルが接してない

レールとプロファイルが接してない

無事ロフトが出来た

無事ロフトが出来た

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座