HOME >>  CNC > 低価格CNCの限界を超える!鏡面仕上げ切削「Abdi」登場

低価格CNCの限界を超える!鏡面仕上げ切削「Abdi」登場

卓上型のCNCが増えてきましたが、産業用に比べて剛性が不足していることから、金属の鏡面切削は難しいと言われています。

キックスターターに登場した「Abdi」は、3軸加工のCNC加工機です。
従来の卓上型の常識を超える剛性をもち、まるで研磨したようなレベルの鏡面切削が可能だそうです。

「Abdi」精密鋳造のエポキシフレームを使用しています。これは、一般的な鋳鉄よりも5倍以上、切削時の振動を抑えることができます。
3軸の移動部分はアンチバックラッシュボールねじを使用し、XY軸の最大送り速度は330cm/分、Z軸228cm/分、最高回転数24000rpmを実現しています。

加工できる素材は、木材や樹脂、真ちゅうやアルミニウムなどの軽金属にくわえて、ナイフなどに使われる硬質金属A2鋼も加工可能だそうです。

「Abdi」は、DMC3とDMC3 Plusの2種類です。

DMC3は約32万円で、加工エリアは184×184×204mm、本体のサイズは394×571×814mm、重量は約100kgです。
大型版のDMC3 Plusは37万円、加工エリアは311×184×203mm、本体のサイズは553×573×812mm、重量は約117kgです。

本格的な加工を実現するためか、かなり重量がありますね。

切削用のツールパスを作る3DCAMは、Fusion360が勧められています。こういう低価格で本格的な機材の登場はFusion360のCAMの影響も大きいですね。

また、「Abdi」は拡張性もあるようで、5軸加工ユニット、オートツールチェンジャー(刃物の自動交換)などいくつかのアドオンが計画されているそうです。

<計画中のアドオン>
・同時5軸加工用 ロータリーテーブル
・オートツールチェンジャー
・クーラントシステム
・3Dタッチプローブ
・チップ管理システム

「Abdi」は重量のせいか、米国内のみの配送ですが、、、

商品化されると面白そうな機材ですね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

リアル講座

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

オンライン講座

動画で学ぶ!Fusion360で自在に形状を作る方法論

Fusion360の基本操作をある程度できる方を対象に
モデリングの方法論やノウハウを身につけて、自在にモデリングができるスキルを
動画で学べるオンラインスクールです。

  1. Fusion360の基本操作ができる方が対象
  2. 本のお手本やチュートリアルに頼らず自在にモデリングできる
  3. 動画を使って、いつでもどこでも学ぶことができる
  オンライン講座の詳細へ
Fusion360オンライン講座