HOME >>  3Dプリンター > 業界革命が起こる?! 生豆からコーヒーを入れるスーパーマシン

業界革命が起こる?! 生豆からコーヒーを入れるスーパーマシン

生豆から作るコーヒーマシン

いまKickstarterで、かなりの人気が集まっているコーヒーメーカーのプロジェクト。

World’s first roast-grind-brew coffee machine

スタート間もない状況で目標額の倍の30万ドル以上(3000万円)が集まっています。
価格もそれほど高くはなく、250ドル(2万5000円)で購入可能です。

このマシンの革命的なところは、緑の生豆をロースとして、粉にしてコーヒーを入れるという部分です。

これはコーヒーのビジネス自体を変える可能性を秘めていると思いました。

Kickstarterで人気になったコーヒーメーカー

 

農家の収入は、スタバの2000分の1

コーヒーは1日に20億杯が飲まれる石油に次ぐ市場規模をもつ巨大産業です。
しかし、豆の農家が収穫し、組合が収集、商社の倉庫に入り、メーカーに輸出されロースト後に、パッケージングされる消費者の口に入るまでのプロセスが長い商品です。
この期間は6ヶ月と非常に長く、中間業者を通る間に、さまざまなコストが発生しています。

そなると、生産国の多くを閉める発展途上国の農家が手にする金額はわずかです。

たとえば、アフリカ最大のコーヒー生産国エチオピアでは、輸出収入の67%を占め1500万人の生活を支えています。しかし、コーヒー農家の生活は大変貧しいのが現状です。

2006年に公開されたドキュメンタリー映画「おいしいコーヒーの真実」によると。

エチオピアの農家がコーヒーを1キロ20円で売るのに対して、スタバのようなコーヒーショップでは1キロ4万円で販売されます。
生産原価は2000分の1に押さえられているという訳けです。

生豆からコーヒーが直接作れるようになると、このような業界構造がかわる可能性がありますね。

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス