HOME >>  3Dプリンター > あの、金属フレームを自由に加工できるDIWIREがそろそろ出荷!

あの、金属フレームを自由に加工できるDIWIREがそろそろ出荷!

金属フレームを折り曲げて加工出来るDIWIRE

DIWIREは、金属フレームを加工するユニークなアプローチの加工機です。
2013年12月にKickstarterに出展し、1日で1000万円以上を集めたので話題になりましたよね。
そのDIWIREは、出荷予定が今年の9月となっていましたが、10月には最初の出荷が始まるそうです。

DIWIREは3DCADのデータから、ペンチのように金属フレームを自由なカタチに曲げていきます。下の例では、曲げたフレームを組み合わせて椅子を作っています。

金属フレームの形状を3DCADで設計 DIWIREでフレームを曲げていく

金属を曲げて出来た部品 DIWIREで作った椅子

DIWIREは年末に資金調達をして、5月ぐらいにはデザインや技術仕様を確定させていたそうです。

なので、キックスターターのプロジェクト量産体制を整えるのに半年ぐらいかかるんですね〜

メーカーであるPENSA LABSによると、DIEIREは自動車、建築、家具、照明、ジュエリー、歯科矯正、ロボットなど様々な用途を想定しているそうです。
同社のギャラリーを見てもいろいろな加工例が並んでいて、なんだかワクワクします。

DIWIREによるワイヤー加工例 テーブルや照明 DIWIREによるワイヤー加工例 ヘッドホンラック

DIWIREによるワイヤー加工例 照明器具 DIWIREによるワイヤー加工例 ボート

ちなみに、DIWIREはPENSA LABSのサイトから買う事が出来ます。

価格は3,200ドルですが、現在のところ日本から注文することはできないようで、アメリカ、カナダ、EU、オーストラリア限定のようです。。

 

DIWire Bender from PENSA! on Vimeo.

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス