HOME >>  3DCAD > CADCAM > 3Dプリントのシャープ製電卓が当たる!リバースエンジニアリグなキャンペーン開始

3Dプリントのシャープ製電卓が当たる!リバースエンジニアリグなキャンペーン開始

 

世界初の卓上電子計算機

シャープによる3Dプリンターを使ったキャンペーンのご紹介します。
内容としては、シャープが世界で初めて作った卓上電子計算機のミニチュアを3Dプリントするというものです。

ユニークなのは、実物を3Dスキャンして復元するという、リバースエンジニアリング的な作り方ですね。
復刻データの作り方は以下のように、キャンペーンサイトで紹介されています。

シャープ製電卓を3Dスキャン

出典:シャープキャンペーンサイト

シャープに現存しているCS-10Aを、3Dスキャナで読み取って3Dデータを作成します。

使用したスキャナは、映画のCG作成用に出演俳優をスキャニングするために使うこともある、本格的なスキャナです。 ミニチュアのボタン部分の完成度を高めるため、高精度スキャナ(0.05mm)でスキャニング。

 

3Dスキャンしたデータを3Dプリントするデータとして完成

出典:シャープキャンペーンサイト

 

作成された3Dデータを調整し、3Dプリンタ用のデータを用意します。

(出典:シャープキャンペーンサイトより)

 

 

 

スキャナで工業製品を復元するリバースエンジニアリングは、考え方は分かるものの3Dスキャンデータの扱いが難しいのが現状です。

家電メーカーでは、3Dデーターを使った開発が盛んなので、いろいろノウハウを持っているのかもしれませんね〜

応募は8月29日まで、抽選で50名に当たるそうです。
▼シャープのキャンペーンサイト
http://www.sharp.co.jp/calc/campaign/

シャープ50周年記念 3Dプリンター製の電子計算機が当たる

 

無料でFusion360を学べる

一ヶ月でFusion360をマスターするオリジナルノウハウを読むことができます。
  • 無料メールセミナーの詳細へ

Fusion360や3DCADを
より本格的に学びたい方はこちらへ!

【Fusion360初級】モノづくりのための3DCAD入門

初めての人でも学びやすい3DCAD・Fusion360を使い、モノづくりのための3D技術を学びます。
本講座は、ソフトの習得に重点が置かれる一般的な3DCADセミナーとは異なり、実際の製品に近い3Dモデルをテーマにしています。
最初は簡単なモデルから初めて、徐々に工業製品レベルの構造を作っていきます。

  1. 初めての人でも学びやすいFusion360(3DCAD)
  2. 「モノづくり」を始めるため、実際の製品をテーマ学習
  3. 部品同士を組み合わせ、「可動するモノ」を設計する
  Fusion360初級の詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス

【Fusion360専門】どんな3D形状でも素早く作れる!驚きの技術スカルプト

Fusion360の基本操作をある程度マスターした方を対象に!
Fusion360特有のモデリング機能が「スカルプト」です。 粘土をこねるような独特感覚で、従来の3DCADの常識を超える、直感的で素早いモデリングを行うことができます。

  1. スカルプトなら、粘土のように“あっという間に”モデリング
  2. スカルプトの仕組みを、しっかり理解できるカリキュラム
  3. 寸法や肉厚がある。ちゃんと使えるデータ作り
  スカルプトの詳細へ
工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス 工業デザイン:サングラス